vs.美女 ~広告代理店OLの挑戦~ Vol.1

vs.美女 ~広告代理店OLの挑戦~:「自分が可愛くないって知ってる」そんな女が屈辱を受けた、史上最低の出来事

― 何これ、経理部と全然違うんですけど!

フロアは、なんだか甘やかな香りがした。

新年度というタイミングもあり、半数以上の人が出社していて社内は賑やかだ。そんななか、園子は指定された席につく。

するとその後すぐに、新年度総会が始まった。そこで園子は、挨拶をすることになっていたのだ。

「本日から配属となりました、山科園子と申します」

そう挨拶すると拍手が起こり、リモートで見ている人たちの拍手もスピーカーを通して聞こえてくる。園子は周りをぐるりと取り囲む社員たちに向かって、丁寧にお辞儀をした。

こうして見ると、明るい色の服を着た人が多い。

― なんで私、グレーのブラウスにブラウンのスカートなんかで来たんだろ。

たまらなくなった園子は、挨拶の後にこう続けた。

「私、元は経理にいたんですけど…。いやあ、噂通りの美人ぞろいでびっくりです。ちょっと私、服が地味過ぎましたね!…あ、顔もか」

誰かしら笑ってくれるものだと思っていたのに、その瞬間、空気が凍ったようになった。綺麗に化粧が施された彼女たちの目が、園子を値踏みするように見ている。

「ということで、まずは雰囲気になじむとこから頑張ります。あ、もちろん仕事も全力でやるので、いろいろ教えてください!」

また拍手が起こるが、その音はどこかよそよそしく聞こえた。


「ねえ。あの人、ウチには場違いじゃない?」

総会が終わりトイレに入っていると、洗面台スペースの方から女たちのヒソヒソ声が聞こえてきた。園子は個室から出ずに、耳をすませる。

「それね!悪目立ちしちゃって、なんか可哀想だよね」

― もう、思いっきり私の話じゃん!

......


【vs.美女 ~広告代理店OLの挑戦~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo