鮨の名店、自慢の「逸品」 Vol.1

鉄火巻きを越えた、贅沢すぎる “でっか巻き”! 海の幸が共演した逸品を堪能あれ!

都内の鮨店の中でも、このネタを食べてほしいという「逸品」がある店を厳選。

その店にどうしても行きたくなる、心惹かれる名物メニューをご紹介しよう!

今回ピックアップするのは、『後楽寿司 やす秀』の〝でっか巻き〞。

四谷の住宅街に佇む名店の、おまかせの〆の逸品だ!

東京カレンダーアプリのプレミアム会員になれば、4月21日発売の最新号を今すぐご覧いただけます!
「価格、雰囲気、味に文句なしの鮨店」を完全網羅。アプリのダウンロードはこちらから。

まぐろ専用のシャリは、通常の握り用のものより塩味と酸味を深め、人肌に温めて使用。あまりの旨さに、歓声を上げるゲストも多いとか


まぐろと海ぶどうの新しき出会い。この食感は、はじめての体験!


香り高い有明産の海苔にまぐろ専用のシャリ、そこに赤身、カマ、脳天、トロ……。

まぐろのあらゆる部位を無駄なくそげ落とした身が盛られ、さらに海ぶどうが加わる。そして、まぐろアゲイン!

どの角度から見ても、そのボリュームといい、柔らかさといい、巻けるキャパシティを優にオーバーしていると思うだろう。

だが、ここからが真骨頂。

大将、綿貫安秀さんによりあっという間におさめられ、丁寧に切り分けられたひと巻が手渡される。

口に運べば、まぐろのとろける旨みに、プチッと弾ける海ぶどうの食感と塩みが絶妙な合いの手となり、驚きと口福が同時に襲いかかる。

このクライマックスに至るまでにも、「雲丹のリゾット」や、「ホタルイカのパテ」など、大人心をくすぐる品々が続々と供される。

酒が進むプリン体の嵐に、心を鷲掴まれてしまう


艶やかなゴールドの蓋にも劣らない輝きを放つ、うに。

別名“宝石箱”と呼ばれる一品は、シャリとうにを先に和えたリゾット風で供する。この日は、北海道の昆布産のバフンうに。


ホタルイカをボイルしてこしたパテは、4~5月の季節限定。まったりとコクがあり、日本酒が進む。

昆布出汁にくぐらせたホタルイカをさらにのせて。

おまかせコースの一例より。


『レストラン検索』のご利用はこちら>>


日本酒は「鍋島」「十四代」(各1合 990円~)。ペアリングをお願いすることも可。

ワインはケンゾーエステートの「あさつゆ」がハーフボトル 8,500円~、ビールは中瓶 790円で気軽に頼める。


店は、住宅街の小道に佇む一軒家。入り口の照らされた表札が目印。

『後楽寿司 やす秀』の夜は、その美味しさに歓喜する大人たちで満ちているのだ。

【Price】おまかせ 19,800円
【Reservation】1ヶ月前
*電話でのみ受付。予約可能期間は2ヶ月先まで。6~8月は「うにとあわびのおまかせ」20,000円、冬は「蟹のおまかせ」24,000円もある。


▶NEXT:4月22日配信予定 逸品のある鮨店『鮨処 いし原』

東カレアプリでは、本当に大人が知りたい
「価格、雰囲気、味に文句なしの鮨店」を完全網羅!

今月の『東京カレンダー』は、渾身の「鮨」特集!リアルな価格でクオリティも確か、予約もとりやすい、東カレらしい艶やかな鮨店だけを厳選しました!

プレミアムサービスなら、その最新号も過去号(約10年分)も、電子書籍で読み放題!レストラン検索機能もついて超便利!
アプリでのご利用はこちらから
※最新版のアプリをダウンロードしてください。

紙版をお求めの方はこちらから

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今号は4/21(水)から。



【東カレ読者のリアルな恋愛観を教えてください!】
東京の、厳しい婚活事情をサバイブしている男女の恋愛事情を、今一度調査するべく、緊急アンケートを実施させていただきます。

ぜひ皆さまの「生の声」を沢山お寄せください。皆さまからいただいた内容は、今後のコンテンツ作りの参考にさせていただきます。

以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/BIX3GC02

【鮨の名店、自慢の「逸品」】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo