パンドラの箱~禁じられた一手~ Vol.7

「彼の顔が近づいてきたとき、思わず…」婚活中の女が、年収3,000万の開業医を拒んだ理由とは

―絶対に、してはならない。

禁じられるほどしたくなるのが人間の性。それを犯した人間に、待ち受けているものとは…?

▶前回:青山に1人暮らしで、家賃32万…?尾行して発覚した、彼女が男に隠していたコト


―“婚活“。

この言葉に、自分がこんなにも苦しめられるなんて思ってもみなかった。

昔は何のしがらみもなく人を好きになり、そしてそれが恋人となった。

けれど結婚適齢期に差し掛かり、恋人探しを“婚活”として認識してはじめて、東京における婚活市場の熾烈さというものを知った......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
自分の方が浮気相手だったりして。
それなのに、本命は自分だと思い込んでいる根拠のない自信は何?
2020/11/19 06:1499+返信9件
No Name
29歳女性と婚活で出会って いつか結婚しようね てことは、しないってことでしょ
2020/11/19 05:4099+返信3件
No Name
結婚してから言ってください
2020/11/19 05:0877返信1件
No Name
32歳…。浪人も留年もなしで順調に行っても研修医と後期研修医終わって2〜3年しか経ってない。普通、やっとちゃんと診療出来る様になった位ですね。地方出身で親からの継承でもないのに開業して、キャリアも無く開業数年以内で年収3000万円と経営が安定してるのは設定上無理があるのでは?
2020/11/19 06:4347返信5件
No Name
思ってる事がバレて女子アナに乗り換えられないといいね
2020/11/19 05:3429
もっと見る ( 57 件 )

【パンドラの箱~禁じられた一手~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo