アマン創業者が「旅館」を手がける!東京でも京都でもなく...建設の地に選んだ場所とは?

今日知っておきたい旬な話題を厳選したWorld Trend News。

毎日の5分で世界のトレンドをキャッチしよう!(毎週火曜日~土曜日 朝5時配信)

6a7ad8dc173c003c94202833dbc9a7

アマン創業者が「旅館」

世界で展開するラグジュアリーホテル「アマン」の創業者エイドリアン・ゼッカ氏らが、新しい旅館ブランドを立ち上げると発表した。

ブランド名は「Azumi(アズミ)」で、第1号として2021年春をめどに瀬戸内しまなみエリアに開業する。

発表によると、ゼッカ氏はアジア特派員記者だった1950年代に日本で旅館に出会い、ゲストへの”おもてなしの心”溢れる宿泊形態に感銘を受けたという。

その記憶を「Azumi」に込め、「旅館は”人”である」をテーマに、地元との繋がりをコンセプトに旅館が街全体に賑やかな連携をもたらすような「地域を代表する宿」を目指す。

E9051fc11ba0593ad43a4e5902f9be

貯蓄に回るお金 過去最高

内閣府の発表によると、家計の所得のうち、消費されずに貯金などに回る「貯蓄率」は4~6月期に23.1%となり、比較できる1994年以降で最高を更新した。

外出自粛などを受け、家計の支出が落ち込んだ一方、10万円の給付金支給もあり可処分所得は30兆7,751億円増加、過去最高の346兆6,635億円となった。

307e680645efcf8ae6da01c3d26a0e

大学の“コロナ中退”起きず

文部科学省の発表によると、4~8月に大学などを中退した学生は1万1,411人で、中退率は0.38%だった。

0.48%だった前年同期を下回り、新型コロナウイルス感染拡大による影響はみられなかった。

中退の理由で最も多かったのは「経済的困窮」で、全体の23.1%。前年(22.1%)と比べて大きな変化はみられなかった。

一方、20年度の前期授業料の納付を猶予された学生の割合は6.76%で、前年度の4.52%から2ポイント以上増加した。

E9051fc11ba0593ad43a4e5902f9be

北欧のフード宅配 東京上陸

フィンランド発のフードデリバリー事業「Wolt(ウォルト)」が、22日に東京都内でサービスを開始する。

Woltは、2014年にフィンランド・ヘルシンキでサービスを開始し、現在23カ国・100都市以上で展開している。

東京の配達エリアは渋谷区、港区、新宿区、目黒区、世田谷区、品川区の一部で、順次拡大する予定。

スタート時の加盟飲食店は約150店舗で、配達料は距離に応じて99円〜299円。

307e680645efcf8ae6da01c3d26a0e

中国の“実力”アメリカに迫る

オーストラリアのシンクタンク、ローウィー研究所が、アジア太平洋地域の26カ国・地域が持つ実力をランク付けした「アジアパワーインデックス」を発表した。

軍事力や経済力、外交影響力など8分野について評価したもので、総合トップはアメリカ(81.6点)、2位は中国(76.1点)だった。

日本は41.0点で、インド、ロシアと続いた。

上位5カ国の順位は前年と同じだったが、アメリカと中国の点数の差は前年の8.6ポイントから5.5ポイントに縮小した。

アメリカは「軍事力」「回復力」「防衛ネットワーク」など4分野で首位を獲得、中国は「経済力」「外交的影響力」など4分野でトップに立った。

◆「アジアパワーインデックス」詳細はこちら

E9051fc11ba0593ad43a4e5902f9be

マンハッタンの家賃 大幅下落

ニューヨーク・マンハッタンの家賃相場が、7年ぶりの低水準となっている。

米不動産仲介ダグラス・エリマンなどの調査よると、9月のマンハッタンの家賃の中央値は前年同期比で11%下落した。

スタジオアパートは17.1%下落し2,184ドル(約23万円)、ワンベッドルームは14.7%下落し2,977ドル(約31万3,000円)だった。

また、空室率は5.75%で、5ケ月間連続で過去最高を更新した。

307e680645efcf8ae6da01c3d26a0e

「黄金パスポート」廃止

東地中海の島国キプロスは、裕福な外国人に国籍を付与する「ゴールデンパスポート」プログラムの停止を決めた。

2013年から導入しているゴールデンパスポートは、キプロス国内の不動産などに215万ユーロ(約2億6,000万円)以上投資する外国人に市民権を提供する制度。

これまでに70億ユーロを超える資金を集めたとされるが、汚職やマネーロンダリングなどの犯罪を助長するとして批判が高まっていた。

E9051fc11ba0593ad43a4e5902f9be

ウェブサイト価値 1位は?

トライベック・ブランド戦略研究所は、日本の有力企業246社・ブランドについて、デジタルメディア(公式サイト、SNS公式アカウント、公式アプリ)の事業貢献度を算出し、「ウェブサイト価値ランキング2020」として発表した。

「ウェブサイト価値」はデジタルメディアが企業や商品の認知度やイメージ、好感度などのブランド力向上にどの程度貢献しているかを評価した「情報価値」と、製品・サービスの売上にどの程度貢献しているかを評価した「売上価値」を合算したもの。

1位は「ANA」で、ウェブサイトの価値は906億円と推計された。前年に続く1位となったが、新型コロナウイルスの影響もあり、2019年より128億円減少した。

2位も前年と変わらず「JAL」で、718億円だった。

3位は「ユニクロ」で、676億円。前年の9位から大きく躍進し、「トヨタ自動車」を上回った。

◆「ウェブサイト価値ランキング」はこちら

8908021f71889f28923d3dc5776d6c

インスタに「旬の話題」機能

インスタグラムは、インスタグラム上で話題になっているトピックを簡単に見つけられる新機能「旬の話題」を日本で導入した。

検索ページ内に新しいタブを追加し、国内ユーザーの間で利用が伸びているハッシュタグのうち、代表的な10個を、一部の投稿と合わせて表示する。

カテゴリは「#紅葉」や「#ハロウィンコスプレ」など季節にまつわるものから、「#キャンプ飯」「#動物園」などレジャーに関するもの、話題の映画や楽曲、食べ物やファッション関連など広くカバーするという。


あなたが注目したニュースやその見解を、ぜひ東カレアプリにコメントください!

◆16日(金)のニュースのおさらいはこちら

【World Trend News】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo