私、マスクしてるとモテるんです Vol.1

私、マスクしてるとモテるんです:自粛中に家へ招かれた女。ついて行った彼の部屋で、見たものとは

リモートワークで始まる恋?


「暑い…」

プラットフォームに降り立った美和は、すぐに階段へ向かった。少しでもこの熱気に晒される時間を減らさなければ、と乗り換え先の路線へと急ぐ。

ちょうど電車が来たので滑り込んだが、今年は窓が開いているので、冷房の効きが悪い。

「人、すごい増えたな…」

電車の中を見て、美和は思わずつぶやく。緊急事態宣言が明ける前も不定期に出勤はしていたが、ここまでの人出ではなかった。

これを機に、全面的に自宅勤務に切り替える企業もあるというが、そうではない企業もかなり多いようだ。

気温も高ければ、湿度も高い。その上、マスクもしなければいけないのが辛い。出勤するだけでも化粧が落ちるので、出勤したらまずすることは、メイク直しだ。

だが、しかし。みんな同じことを考えているので、朝の始業時間帯は特に混んでいる。

それを避けようと、美和は緊急事態宣言前よりもかなり早く出勤するようになっていた。

今のところ、“時差出勤”などの制度は美和の部署にはないので、特に早く帰れるわけでもないから、メリットはあまりない。

―まぁでも、悪いことばかりでもないんだけど。

自分のデスクに戻る途中、エレベーターから降りてくる人影に美和は目を向けた。

「おはようございます。大井さん、今日も早いですね」

そう声を掛けてきたのは美和の憧れの人、青木 善斗(よしと)だった。


「青木さんこそ。ほとんど一番乗りじゃないですか」

「皆、なぜか朝遅く来るんですよね。絶対早いほうがいいと思うんですけど」

善斗が所属する部署、アクチュアリーと呼ばれる人たちは緊急事態宣言前から時差出勤が認められている。善斗は、早く来ることを選択している珍しい人間のようだ。

―まぁ、そのおかげでこうしておしゃべりできるわけだし。

美和にとっては好都合であった。

「そういえば、結局あんまり使いませんでしたね。パソコン、せっかく設定したのに」

善斗が、美和に話しかける。

「そうですね。でも、学生時代から使っていた古いやつで、そろそろ買い替えなくちゃと思ってたし、ちょうどよかったです」

美和の会社では、リモートワークに必要なパソコンは自分で用意する必要があった。

会社が用意してくれるものとばかり思っていた美和は最初こそ不満を抱いたが、それが思わぬ好機につながったのだ。

機器関連に弱い美和は、善斗にどんなパソコンを買ったら良いか、設定の仕方などで相談していたのだが…。

「ウチでやりましょうか?」

まさか彼が、こんなことを言って家に上げてくれるなんて。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
マスクが出てこない❗
2020/08/07 05:1199+返信7件
No Name
リモートワーク用の端末を自前で用意させるってとんでもないブラックじゃない?それもこんな買いにくいタイミングで。
セキュリティもガバガバそうだし取引したくないわ。
2020/08/07 05:4499+返信20件
No Name
全然話の内容と関係ないけどw
苗字と名前の間にスペースを入れるライターさんのようで…「大井 美和」を読んだ時『お〜い、お茶』と似てるな、と思ってしまった…ごめん。
2020/08/07 05:2742返信1件
No Name
マスクをし始めてから口紅をつかわなくなったなー
私布マスク使ってるから口紅付いちゃうと取れにくくなるんだよね。
2020/08/07 06:2229返信7件
No Name
家に帰ったら眼鏡からコンタクトに替えるって、ほとんどの人は逆じゃない?会社で珍しく眼鏡かけてると「視力悪かったんだ!」ってパターン。皆様はいかがですか?
2020/08/07 09:0428返信8件
もっと見る ( 82 件 )

【私、マスクしてるとモテるんです】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo