夫婦リボーン Vol.4

「寝室に入らないで」妻が夫に突きつけた、入室禁止令。妻は隠れて…?

今年、私たちの生活は大きく変わった。

“ニューノーマル”な、価値観や行動様式が求められ、在宅勤務が一気に加速した。

夫婦で在宅勤務を経験した人も多いだろう。

メガバンクに勤務する千夏(31歳)もその一人。最初は大好きな夫・雅人との在宅勤務を喜んでいたのだが、次第にその思いは薄れ、いつしか夫婦はすれ違いはじめ…?

2020年、夫婦の在り方を、再考せよ。

◆これまでのあらすじ

友人・葉月との電話中、雅人に邪魔された千夏。モヤモヤした気持ちのまま、一睡も出来ずに起きると…?

▶前回:在宅勤務で昼食の悲劇。セレブ妻が知ってしまった完璧な夫の本性とは?


−しんどいな…。

翌朝。

仕事を始めた千夏は、異変を感じた。頭はじわじわと鈍く痛むし、少しだけ吐き気もする。

原因は、寝不足だろう。昨夜は、モヤモヤした気持ちがうまく消化出来ず、あれこれ考えているうちに目が冴えてしまい、一睡も出来なかったのだ。

鎮痛剤を飲んでみたものの、身体のひどいだるさは抜けない。急遽、有休を取ろうかとも考えたが、午後は外せないミーティングが予定されているから、それも難しい。

−午前休にさせてもらって、午後までに体調を整えよう。

そう考えた千夏は、弱々しい声で雅人に話しかけた。

「実は昨日、一睡も出来なくて…。ちょっと体調が悪いから、お昼休みまで寝させてもらうね」

すると雅人は、パソコンを打つ手を止めて千夏の顔を見つめた。

「大丈夫?心配だよ」

「うん…。ごめんね」

−心配してくれてる。良かった…。

昨夜の出来事で、雅人に苛立っていた千夏だが、彼の優しい言葉にホッと胸をなでおろす。

昨夜は雅人も疲れてイライラしていたのだろうと思った次の瞬間。彼の口から飛び出したのは、一気に信頼をぶち壊す、ひどいものだった。

「で、俺の昼ご飯は?」

【夫婦リボーン】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo