報道ガールの恋愛事件簿 Vol.3

“女だから”というだけで、男たちの会に呼ばれて…。25歳の女がそこで知った衝撃的なコト

—ありのままの自分を、好きな男に知られたくない。だってきっと、また引かれてしまうから…。

高杉えりか、25歳。テレビ局に新卒で入社し、花形部署で働いている…といった、表向きは華やかなキャリアを突き進む女。

しかしその実情は…。プライベートはほぼ皆無、男社会に揉まれ、明け方から深夜まで拘束される報道記者。しかも担当は、血なまぐさい事件ばかりだ。

だけど、恋愛も結婚もしたい。そんな普通の女の子としての人生も願う彼女は、幸せを手に入れられるのかー?

◆これまでのあらすじ

えりかは、明け方から深夜まで休日返上で血なまぐさい事件ばかり取材する警視庁捜査一課担当の事件記者だ。

幸村創太と出会い恋の始まりを予感するが、殺人事件が発生し忙殺される。取材中に、人1人の命が奪われたことを痛感し…。


事件発生から3日。未だに大山里美を殺害した容疑者は逮捕されていない。

『…次のニュースです。今月20日、練馬区の路上で何者かに背後から刺され、大山里美さん(20)が殺害された事件で、凶器とみられる包丁が近くのコンビニに捨てられていたことが捜査関係者への取材でわかりました』

「うお、包丁捨てられてたんかい…」

他局のアナウンサーが淡々と読み上げる内容に、TQBテレビ・捜査一課担当記者リーダーの桑原は頭を抱えた。

「夕方までにウラとってね」

古い事務イスを回転させ、桑原とえりかに冷たくそう言ったのは、本郷キャップだった。

警視庁記者クラブは、霞が関の警視庁本部内に存在し、テレビや新聞が各社ごとに部屋を割り当てられている。

そして全局の放送を一気に確認できるよう、部屋の中に6台横並びで設置されたテレビ画面は、常に電源がついているのだ。

お昼のニュースは全局同時に始まるため、知らない情報が放送される。つまり“抜き”がないかを、手に汗かきながらチェックするのだが…。

「高杉、今日の夜空いてる?」

本郷の視線から逃げるように背中を小さくするえりかに、隣に座って新聞を読んでいた先輩記者が声をかけた。

「今日さ、担当の警察官と飲み会あるんだけど、一緒に来てくれない?」

「担当って、生活安全部ですよね?」

生活安全部、通称「セイアン」は、薬物事件や風俗、違法賭博の一斉摘発などの事件を扱っている課だ。えりかたち刑事部の捜査一課とは別もので、本来えりかが行く義理は全くない。

「女の子来てくれると先方が喜ぶと思うんだよね。ねえ桑原、彼女借りていい?」

【報道ガールの恋愛事件簿】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo