必要ですか? Vol.1

必要ですか?:婚約破棄からの堕落生活…ドン底の女を救った男の意外な職業は

”思い出”はときに、”ガラクタ”に変わる。

ガラクタに満ちた部屋で、足を取られ、何度も何度もつまずいて、サヨナラを決意する。

捨てて、捨てて、まだ捨てて、ようやく手に入る幸せがある。


合言葉は、ひとつだけ。


「それ、あなたの明日に必要ですか?」



徳重雅矢は、お片づけのプロ。カリスマ整理収納アドバイザーだ。

“お片づけコンシェルジュ”を名乗る雅矢は、まるで魔法のように依頼人の部屋を片づけ、過去との決別を促し、新たな未来へ導いていく。

今回の依頼人は…

―樋口美桜(29)公認会計士―

“婚約者を後輩に寝取られる”という最悪の事件により自暴自棄になり、散らかり放題の部屋での堕落した暮らしに。

彼女は、雅矢の“魔法”によって救われるのか!?


「何か、勘違いされているようですが」

そう言うと、雅矢はにっこりと微笑んだ。

「僕は、魔法は使えません」

「え?!」

美桜は驚きのあまり、すっとんきょうな声を上げてしまう。そして慌てて口をつぐんだ。

冷静になればなるほど、恥ずかしさがこみ上げてくる。

自分で依頼したとはいえ。徳重雅矢が百戦錬磨の整理収納アドバイザーだとはいえ。まるで彫刻のように美しい顔立ちの男性を、この情けないほどに散らかり放題の雑然とした自室に、招き入れているのだ。

まだ箱から出してもいないジャンヴィトロッシのパンプスに、中身が入ったままのヴァレクストラのバッグ。ジルサンダーのブラックワンピースはホコリを被り、ヘルノのダウンコートとロエベのカゴバッグが、無作為に過ごしたいくつかの季節をあざ笑うかのように一緒になって放置されている。

足の踏み場もない部屋の中で、美桜は思う。

−私、やっぱりどうかしてた…。まだ、まともじゃないんだ。

勇気を振り絞って依頼した”お片づけ”を、美桜が後悔しかけたその時。雅矢は矢継ぎ早に続けた。

「僕は魔法使いでもなければ、ハウスキーパーでもありません。お片づけをするのは、僕ではありません。美桜さん、あなた自身です」

雅矢の口調は柔らかく、笑顔は柔和で美しい。ただ、的確で厳しい指摘と、“美桜さん”と下の名前で呼ばれた照れ臭さが相まって、美桜は顔を真っ赤にし、しどろもどろに「あの、その…」と繰り返した。

「雅矢さん。私には、とても無理です。自分の力で、この部屋を片付けるなんて」

美桜がようやくそう声を絞り出すと、雅矢はしばらく美桜の顔をじっと見据え、こう言った。

「分かりました。あなたが自ら変わる決意をしない限り、僕が手を貸すことはできません。今回の依頼はキャンセルとさせていただきます。…では失礼いたます」

そう言いながら、雅矢はおもむろに立ち上がった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
3カ月間毎週末片付ける量のものって、どれだけもの持ちなんだ?笑
2020/07/20 05:4188返信2件
No Name
雅矢の正体、元婚約者が雇った男じゃないよね?笑笑
2020/07/20 05:4371返信2件
No Name
とりあえずその元婚約者と後輩には天罰を
2020/07/20 05:3767返信3件
No Name
ベントレーの運転手だった執事の話と作者は同じかな?なんていう話だったかな。。
2020/07/20 05:2826返信2件
No Name
えーまた面白そうな連載が始まった。来週も楽しみ楽しみ☺️✨
2020/07/20 06:1823
もっと見る ( 45 件 )

【必要ですか?】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo