必要ですか? Vol.8

結婚願望ナシの男に「家庭を持ってもいいかも」と思わせた、未亡人の重すぎる言葉

“思い出”はときに、“ガラクタ”に変わる。

ガラクタに満ちた部屋で、足を取られ、何度も何度もつまずいて、サヨナラを決意する。

捨てて、捨てて、まだ捨てて、ようやく手に入る幸せがある。


合言葉は、ひとつだけ。


「それ、あなたの明日に必要ですか?」



徳重雅矢は、お片づけのプロ。カリスマ整理収納アドバイザーだ。

“お片づけコンシェルジュ”を名乗る雅矢は、新人アシスタントの樋口美桜とともに、まるで魔法のように依頼人の部屋を片づけ、過去との決別を促し、新たな未来へ導いていく。

今回の依頼人は…仁科峰子(84)。大富豪の未亡人の“終活”への決意。

大学教授で大地主だった夫を5年前に亡くし、穏やかにくらしてきた。いつか来る旅立ちへ向けて、すべてのものを手放し決意をする。

▶前回:「俺なしじゃ生きていけないだろ?」弁護士の夫とのモラハラ生活から、妻が目を覚ました瞬間


美しい洋館に、バラが咲き誇るイングリッシュガーデン。ガーデンテーブルには、ティーセットと手作りの焼き菓子。

「素敵なティーカップですね」

あまりにも素晴らしいシチュエーションにうっとりしながら、美桜は目の前に座る美しい老婦人にそう言った。

「ありがとう。うれしいわ。......


【必要ですか?】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo