夫婦リボーン Vol.2

「仕事場がない…」1LDKで夫婦在宅勤務の悲劇。妻が向かった先とは?

今年、私たちの生活は大きく変わった。

“ニューノーマル”な、価値観や行動様式が求められ、在宅勤務が一気に加速した。

夫婦で在宅勤務を経験した人も多いだろう。

メガバンクに勤務する千夏(31歳)もその一人。最初は大好きな夫・雅人との在宅勤務を喜んでいたのだが、次第にその思いは薄れ、いつしか夫婦はすれ違いはじめ…?

2020年、夫婦の在り方を、再考せよ。

◆これまでのあらすじ

会社から在宅勤務を命じられた千夏。夫・雅人とともに在宅勤務を始めるが、様々な試練が彼女を襲う。


−だめだ、集中出来ない…。

千夏は、バッグの中からイヤフォンを取り出した。通常の設定よりもボリュームを上げて、お気に入りの音楽を再生する。

普段、仕事中に音楽を聴くことはないし、むしろ静かな環境の方が集中出来るのだが、今日ばかりは音楽でも聴いていないと気が狂いそうだった。

テーブルの向かいで、雅人がウェブ会議をしているのだ。早口でカタカナ用語を連発する彼の喋り方はかなり耳障りで、千夏の神経を刺激する。

−気にしない、気にしない。

そう自分に言い聞かせながらパソコンに向かうが、気にしないと思えば思うほど、ますます気になってしまう。

どこか良い逃げ場はないだろうか。そんなことを考えていた千夏の脳裏に、ある場所が過ぎった。

−ラウンジにでも行こうかな。

千夏たちの住むマンションには、住人なら誰でも利用出来るラウンジがある。あそこならwifiも飛んでいるし、皆、静かに作業しているから、仕事には最適な環境だ。

ノートパソコンを畳んだ千夏は、ラウンジへと急ぐ。

−ようやくシェルターが見つかったわ。

そう安堵した千夏の目の前に飛び込んできたのは、ドアに貼られた“一時利用停止”の、赤い文字だった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
千夏はとにかく要領悪いし、雅人はひたすら気がきかない。夫婦として向き合ってる感じが今のところ全然伝わってこないなあ。もし今後夫婦仲が険悪になったとしても、在宅勤務だけのせいじゃないと思う笑
2020/07/14 05:4699+返信2件
No Name
千夏、リモート中の上司からの電話を想像してなかったとは驚き。しかも銀座住みで格上だと見下していたとは!
50平米以下の方がちょっと気の毒だよ‥‥千葉だって良いところですよ!
2020/07/14 05:3599+返信18件
No Name
狭いと馬鹿にするのは置いておいて、家賃28万払えてることがすごいよ!
この金額月々払ったら千葉では豪邸作れちゃうよ。なかなか真似できる金額じゃないよね。
2020/07/14 06:5063返信35件
No Name
この旦那さんなかなか嫌味ったらしい性格ですね笑
在宅勤務でずっと一緒にいなくてもイライラすること言ってきそう
2020/07/14 07:0142返信4件
No Name
千葉より銀座の方が確かに「格」は上だけど、余裕のある広さがあって、そこを自分好みのインテリアやアイテムで飾って、ってできるのステキなことだと思うけどなぁ😄
2020/07/14 06:3035
もっと見る ( 116 件 )

【夫婦リボーン】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo