高嶺のカナ Vol.2

「ああいう女性は、男たちが放っておかない」。交際1日で、男が同僚の女から言われたこと

「好きになった相手は、高嶺の花だった」。

もしもあなたが、手の届かないような存在の相手を好きになってしまったら、どうしますか?

石崎健人(27)が恋に落ちたのも、自分には釣り合わないと諦めていたような“高嶺の花”。

それまで身の丈にあった、分相応な人生を送ってきたはずの男が、憧れの女性を手に入れ、結婚まで漕ぎ着けた方法とは…?

◆これまでのあらすじ

花奈(かな)からプロポーズされた健人。高嶺の花の彼女からプロポーズされるなんて、まさに奇跡だ。

だが一方で、花奈には健人に言えない事実があったようで…?


あれは2年前、25歳だった頃のこと。

健人が花奈(かな)に告白したのは、忘れもしない、会社の同期会の帰り道だった。

健人の喉はカラカラに乾いていた。それなのに、口の中は妙に粘っこかった覚えがある。人は極度に緊張すると、こうなるものなのかと初めて知った。

だが、そんな......


【高嶺のカナ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo