美女の憂鬱 Vol.8

「私、彼氏がいるのに…」全く相手にしていなかったはずの男に、気持ちが揺らいだワケ

街を歩けば思わず振り返ってしまう。だけど目が合えば、逸らしてしまいたくなる。

誰もが羨望の眼差しを向ける、美しい人。…しかし、美女には美女にしかない悩みがあるのだ。

「オトせない男はいない」と言われ続け、早29年の奈津子もそのひとり。

―誰も本当の私なんて知ろうともしない。

これは、そんな美女と美女に恋した二人の男の物語。

◆これまでのあらすじ

数回目のデートで真人に思いを伝えた奈津子。真人も快諾し、2人は付き合うことになった。しかし彼女がいるはずの克弘から、なぜかデートの誘いが届いて…?


2019年 4月末


【奈津子さん、昨日は偶然でも会えて嬉しかったです。今度、映画会とは別でご飯にでも行きませんか?】

ーえっ?どういうこと?

奈津子は克弘から送られてきたメッセージを目で追う。

真人と待ち合わせをしている場所で、偶然にも克弘と出会ったのは事実だったが、隣には克弘のことを......


【美女の憂鬱】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo