これが東カレが認めるとっておきの和食店 Vol.6

店名も『カクニマル』と角煮がとにかく絶品!渋谷で楽しく飲める居酒屋を発見!

道玄坂を上がった先に、料理が美味しいのはもちろん、スタッフの遊びゴコロもたっぷりで客がみな笑顔で盛り上がっている店を発見!

「とろ~り豚の角煮」¥980(ハーフは¥680)。国産豚を水煮にし、黒糖、醤油、みりんからなる餡には生姜も入り、甘さの中に爽快感ある味わいに仕上げている。蒸しパンやごはん以外の裏メニューもあるので、是非スタッフに尋ねてみてほしい


店名にすらなっている、とろっとろの絶品角煮を
『カクニマル』@神泉

店名のカクニマルの「カクニ」は豚の「角煮」のこと。もちろん店の名物もその豚の角煮だ。

煮崩れることなく、しかし箸を入れるとスッとほぐれる豚肉とやや甘めの餡が絶妙に絡み合い、確かに旨い!しかも中華蒸しパンやご飯などと合わせて、角煮を余すところなく楽しませてくれる裏メニューも充実している。

「中華蒸しパン」¥120を頼んで、名物の豚の角煮を挟めば、通称「角煮のその上」が完成


美味なる店であることはもちろんだが、「ウチはグルメな人より、店全部を楽しめる人にこそ来てほしいんです」と店主の黒川圭太さん。

店員はみんな活気にあふれ、メニューの紙は天井から吊り下げられ、裏メニューは天井に貼られ、とお楽しみ成分が多め。

「角煮の向こう側」¥350。角煮を食べ終わった後、残った餡にご飯をイン。甘さと青のりの風味が絡まったご飯にちょいとカラシを付ければ、これが〆だけではなく、つまみにもぴったり。ボリュームがあるので、数人でシェアして食べたい


「角煮の向こう側」や「角煮のその上」などつい笑みがこぼれるようなメニュー名にも注目だ。

手元のメニューに記載がなくても焦ることなかれ。通称よろしく“上”を見上げると天井にメニューが貼られている。食べ応えのある一品だ


道玄坂上にある裏通りで、喧騒からは少々離れたエリアの雑居ビルにひっそりと店を構える。

しかし、扉を開けるとそこは実に賑やかな空間で、来る者を皆楽しませる。気取らず頬張り、ホロ酔いたい。童心に帰れる大人の居酒屋だ。

月刊誌最新号は「本当に使える和食店」がテーマ!

最新号の購入方法はこちらでご紹介!

ネット購入なら、雑誌購読が一気に身近になる!
【ネットでのお求めは、AmazonもしくはFujisanで!】

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今号は3/21(土)から。

【これが東カレが認めるとっておきの和食店】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo