男子校男子 Vol.1

男子校男子:「えっ、あの子が…?」“清楚系女子”に恋した男が、陥る罠

多くのエリートを輩出している名門男子校。

卒業生と聞いてあなたはどんなイメージを持つだろうか。

実は、思春期を"男だらけ"の環境で過ごしてきた彼らは、女を見る目がないとも言われている。

高校時代の恋愛経験が、大人になってからも影響するのか、しないのか…。

社会人となった彼らの不器用な恋愛模様を覗いてみよう。


<今週の男子校男子>

名前:良昭(25歳)
学歴:早稲田中学校・高等学校→早稲田大学商学部
職業:外資系投資銀行
住所:日本橋
デート相手:日系証券会社エリア総合職


僕の卒業した高校は、“早稲田高等学校”だ。

早稲田といっても首都圏に4校あるが、その中でも僕が卒業した“早稲田高校”は特に真面目で大人しい雰囲気の学生が多い。

僕も例に漏れず卓球部の芋学生で、楽しみといえば、部活帰りに学校横のファミマで買い食いすることや仲間と早稲田駅前のマックでモンハンをひたすらやり込むことだった。

有名高校ということで盛り上がる文化祭の「興風祭」。

毎年ナンパを試みたが、女子高生に睨まれてばかりで成功した記憶は一度もない。

そして、大学に入ってからも状況は何も変わらなかった。

僕は入学式の後、サークル勧誘で熱気溢れるキャンパス内を高校の同級生と歩いていた。

「楽しいサークル入って、可愛い彼女作ろうぜ!」

人混みの中をもみくちゃになりながら一歩進むたびに、色とりどりのビラが押し付けられる。

ようやく大隈銅像までたどり着いた時、人混みを押しわけて一人の女子が駆け寄ってきた。ふんわりとカールがかかった茶色の髪にショーパンから覗く細い脚。

「男子は早稲田、女子はインカレのテニスサークルだよ♡」

ーうわ、なんて可愛い女子なんだ!それに、なんだかいい匂いがする。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo