男子校男子 Vol.8

「知らぬは夫だけ…」医者の妻の座についた清楚系美女の恐ろしい裏切り計画

多くのエリートを輩出している名門男子校。

卒業生と聞いてあなたはどんなイメージを持つだろうか。

実は、思春期を"男だらけ"の環境で過ごしてきた彼らは、女を見る目がないとも言われている。

高校時代の恋愛経験が、大人になってからも影響するのか、しないのか…。

▶前回:待ち合わせは六本木アマンド前。初デート開始5分で、女が「2回目はない!」と見限ったワケ


<今週の男子校男子>
名前:進(32)
学歴:ラ・サール学園→九州大学医学部
職業:医者
住所:白金台
妻:未華子・専業主婦(30)


九州で生まれ育った僕が、就職でわざわざ東京に出てきたのは、東京に進学した中高のクラスメイトが原因だ。

大学時代に東京に遊びに......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
このシリーズは、男子校で一生懸命勉学に励み志高く仕事に就くと、性悪な女に引っかかるお話かな?
2020/09/11 05:3699+返信13件
No Name
開業医の息子なら将来、継承するのは当たり前。
二世なら借金もないし、すごく恵まれてるのに。
2020/09/11 05:4199+
No Name
え、東京の勤務医しかも皮膚科なんて全然リッチじゃないし地方でも開業医の方が理想に近くない?だって友達も茨城のお医者さんの子でしょ? 

しかし夫も夫で地方に医療を、とかいって皮膚科かい。そもそもそんなプライド高いラサール卒が皮膚科選ぶかな。
2020/09/11 05:2585返信6件
No Name
東京の開業医より、地方の開業医の方が裕福だったりします。ましてや勤務医なら、そこまで贅沢な生活はできませんよ。
2020/09/11 06:3160返信3件
No Name
地方開業医の長男なら、若い時に継がないと言っても、いつか継ぐ可能性が高いこと分からなかったのかね。
2020/09/11 05:5351返信1件
もっと見る ( 79 件 )

【男子校男子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo