東京で確実に美味い寿司はここだ! Vol.16

恵比寿の隠れ家で、シャンパンフリーフローも楽しめる寿司の新店って知ってる?

いか墨塩で味わう「槍烏賊」

一貫ごとに趣向が凝らされた、美しい握りが続く!

一貫目には白身やあっさりとしたネタを用意。この日は「槍烏賊」を握っていただいた。

口へ運ぶとイカならではの食感の中にねっとりとした甘みを感じるだろう。これは丁寧に施された蛇腹切りから生み出されているのだ。

一貫目からしっかりと職人技を感じさせてくれるのも嬉しい。

「春子鯛」

続いてはこれから春にかけて旬を迎える「春子鯛」。

黄味おぼろと共に味わえば、春子鯛の甘みが一層引き立ち、一足早く春を感じさせてくれる。

「さよりの昆布締め」

また「さよりの昆布締め」も絶品。

細かく包丁を入れ、口ほどけよく仕上げたさよりは、ほのかな春の香りを運んでくれる。

「小肌」

シャリに使う酢と同じもので締める「小肌」は、1日寝かせてから握りに。

この一貫を味わえば、江戸前鮨の伝統的な仕事の奥深さを感じられるだろう。

「車海老」

また細かな仕事を感じさせる一貫が「車海老」だ。

海老の美しい紅白の邪魔にならないよう、シャリとネタの間に海老おぼろが潜み、海老の甘みを引き立ててくれるのだ。

目に見えないところにも、ネタの美味しさを引き出す技が隠されているのだ。

「うに」

北海道産を中心に時期により厳選したものを仕入れている同店。

この時期は軍艦で供される「うに」や、漬けで味わう「鮪赤身」などが楽しめる。

「鮪赤身」

仕入れたネタの状態を見極め、そのネタに最適の仕事を施し供される握りは、訪れる人に口福感を与えてくれるのだ。

「穴子」

コース終盤に供される「穴子」にも注目。皮目を上にして握るのが『鮨邸 田』流。

皮とシャリで穴子の身を包み混むように握ることで、口に頬張った瞬間にとろりとほどけていく身の柔らかさが際立つよう、計算し尽くされているのだ。

この美味しさはぜひ一度味わってみて欲しい。

2~6名で利用可能なカウンター個室

奥には2名でも利用可能なカウンター個室も用意

『鮨邸 田』の魅力は美味しさだけに留まらない。プライベートな空間で鮨を楽しみたい人に最適のカウンター個室を備えているのである。

また、こちら室料はかからず、2名~利用可能というのも嬉しい限り。

特別な日に利用するもよし、気の置けない仲間と思う存分鮨を楽しむもよしの贅沢空間が『鮨邸 田』には用意されているのである。

駅の喧騒を離れた住宅街の地下に位置

シャンパン片手に本格江戸前鮨を味わえる大人の隠れ家『鮨邸 田』は、今後、恵比寿に集う大人たちにとって欠かせない存在になっていくだろう。

【東京で確実に美味い寿司はここだ!】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo