日々を豊かにする世田谷の話題店 Vol.5

とにかくシンプルにうまい!新代田のイタリア『ダイタリア』は地元の人に愛される名店だった!

近所のいい店で上質な時間を過ごす。これこそが世田谷流。

広大な世田谷のさまざまなエリアから、新店、人気店だけをピックアップ。今、世田谷をにぎわす話題店を紹介する。

前回の『サーモン&トラウト』に続く5軒目がこちら。

店内は、厨房からすべての席が見渡せるようにとレイアウトされている。気さくなシェフのきめ細かなサービスが期待できる


高級食材より新鮮食材で世田谷の大人たちを笑顔にする
『ダイタリア』@新代田

ラーメン店がしのぎを削る環七沿いに昨年、オープンしたイタリアン。

一度聞いたら忘れられないインパクトの強い店名もさることながら、本場のバールのように、早くも界隈に住む人々の〝くらしの一部〞になっている理由は、この店が持つ大らかなオーラにある。

フルオープンのキッチンで楽しそうに作業をするのは、シェフの佐藤大介さん。

「プロシュット ラフランス」¥1,180。“料理の鮮度”をなによりも大切にする店主とあって、ハムもフレッシュな切りたてを提供。塩味強めのハムに旬の果物を合わせてバランスよく。この日は西洋梨と一緒に。カットしたてのハムを手渡しで食べさせてくれることも


豊洲で仕入れる新鮮な魚介や減農薬の野菜を使った料理は、前菜もメインもパスタも〝迫力盛り〞が基本。丁寧さとパワフルさを備えた料理は直球のおいしさだ。

イタリアンの基本でもある〝素材を活かす〞ことに忠実に、高級食材に頼らず、旬の食材で真っ向勝負。その潔さは、本質を求める近隣の住人に歓迎されている様子だ。


鱈と白子とわけぎの軽いクリームソーススパゲッティ¥1,400。

塩味がある干し鱈を牛乳とにんにくでゆっくりと炊いて軽めのクリームソースに。ソテーした大ぶりの白子やわけぎの食感も楽しい。生クリームをあえて使わず、具材の旨みを際立たせている。


燻製にしたカジキマグロのカルパッチョ サラダ仕立て¥1,280。

魚はあらかじめ水分を抜くように乾かしているため、スモーク香がよりはっきり。玉ねぎやセルバチコ、ザクロの実とともに盛りつけてエネルギッシュなひと皿に。

イタリアの某航空会社のロゴにインスパイアされたという店名デザインにも注目。店構えにも明るい雰囲気が感じられる


シェフを中心にゆるやかにお客同士の交流が生まれることも。幸せが伝播する空間で心なごむ時間を満喫したい。

◆そんな『ダイタリア』の大人な客層


近隣に住むクリエーター系職業と思しき男女もちらほら。
小さい子どもがいる家庭でも安心して食事が楽しめるアットホームな雰囲気。

月刊誌最新号は「世田谷のいい店」がテーマ!

最新号の購入方法はこちらでご紹介!

ネット購入なら、雑誌購読が一気に身近になる!
【ネットでのお求めは、AmazonもしくはFujisanで!】

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今号は1/21(火)から。

【日々を豊かにする世田谷の話題店】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo