天秤女~恋は同時進行で~ Vol.8

「いい加減、他の男とは別れろよ」。相性バツグンの男から、女が決断を迫られた夜

最高の相手と結婚したい。誰もがそう思うだろう。

ときめき、安定、相性の良さ…。だけど、あれもこれも欲張って相手を探していると、人生は瞬く間に過ぎていくのだ。

「婚活は、同時進行が基本でしょ?」

そんな主張をする、強欲な女・与田彩菜。

―選択肢は多ければ多いほうがいい。…こっそり誰にもバレないように。

彼女は、思い通りに幸せを掴めるのか…?

◆これまでのあらすじ

彩菜は、経済力のある彼氏・直人一目惚れした仕事仲間・蓮相性抜群の友人・大輝と同時進行で交際し、ベストパートナーと結婚するつもりだ。

クリスマスイブは直人とディナーをしたが、解散後は大輝の家に泊まった。彩菜は、「大輝が最高の相手かもしれない」と気付き始めるが…。


12月25日。クリスマスの朝を迎えた。

―眠い…。眠すぎる…。

大輝の自宅ベッドで目を覚ました彩菜だが、ほとんど寝ていない。二人は明け方までワイン片手に話に夢中になっていた。睡眠時間はせいぜい2時間だ。

泊まる用意をしていなかった彩菜は、熟睡している大輝をベッドに残し、いそいそと家を出るとタクシーを拾った。

祐天寺にある彩菜の自宅まで20分。出社の準備をして30分。すると会社に到着するのは…。

頭はまだ起きないが、どうにか回転させて計算する。なんとか出勤時刻には間に合いそうだ。

今日は、仕事で蓮と会う。

ミーティングの後、二人きりでランチをする約束をしているのだ。さらには、クリスマスディナーができなかった代わりに、年末も差し迫った30日にあらためてデートをすることになっている。

『今度こそオススメできる鮨屋を見つけました』

蓮からは、そうLINEが入っていた。

提案された店は、たしかに彩菜の興味を引いた。ミシュランで星を取っているその店は、食通の友達が絶賛していたことがある。

『素敵なお店です。ぜひ行きたいです』

だが、返信をしつつも彩菜は気が引けていた。

なにしろ、天秤恋愛の答えは、ほとんど見えつつあったからだ。

【天秤女~恋は同時進行で~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo