200億の女 Vol.31

女を騙して200億を手に入れた男。翻弄され続けた女の、破滅へのカウントダウン

騙されたのは女か、それとも男か?
「恋」に落ちたのか、それとも「罠」にはまったのか?

資産200億の“恋を知らない資産家の令嬢”と、それまでに10億を奪いながらも“一度も訴えられたことがない、詐欺師の男”。

そんな二人が出会い、動き出した運命の歯車。

◆これまでのあらすじ

詐欺師の策略により、智は夫と離婚し、詐欺師と恋人関係に。しかし智が騙されていたことに気がつき、自分で決着をつけたい、と父に願い出た


丸の内・兼六堂の社長室


「全ての送金が、完了したようです」

秘書の長でもある氷室からの簡潔な報告に、書類にサインをしていた神崎潤一郎の手が止まった。これで200億が小川親太郎の元に届いたことになる。

1週間程前。

小川親太郎と電話で話した2日後、潤一郎の自宅に送られてきた封筒の中には、10......


【200億の女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo