ピンクが好きってダメですか? Vol.1

ピンクが好きってダメですか?:「オシャレはモテのためじゃない」女子力高めのリケジョの憂鬱

駅まで歩きながら桜は、明日の朝7時半に家を出るまでのシミュレーションをする。

急いで帰って、しっかりメイクを落としてお風呂に入り、スキンケアをして、マッサージをして…。ダメだ。やはり寝るのは12時をすぎてしまう。7時間睡眠は確保できなそうだ。

ーハァ…。睡眠不足で明日のメイク浮かないかなぁ…。

桜は大きくため息をつくと、先ほどの打ち上げでの会話を思い出す。

太一も千里も、冗談のように美容第一の桜を笑っていたが、桜にとって「かわいい自分でいる」ということは、日々の仕事のモチベーションを保つために大切なこと。

美容タイムと睡眠時間の確保は、必要不可欠な仕事の下準備のようなものなのだった。

ーそれなのに…。

褒められるたびに桜の胸をチクリと痛ませる、違和感。それは、自分が仕事のために大切にしているルーティーンを、「女子力」や「男性にモテそう」という言葉で表されてしまうことに対する、失望にも似た気持ちだ。

ムキになって否定することでもない。そう思っているため笑って対応するが、自分でもどう受け止めれば良いのか、桜は分からないままでいた。

―ダメダメ。褒めてもらってるのにモヤモヤしちゃうなんて。こんな風に受け止める私は、かわいくない!

かわいい自分でいるために、桜は慌てて頭を切り替える。

こんな日だからこそ、新しいバスソルトを贅沢に使おう。そう決めて桜は家路を急いだ。


翌日、桜は部署の誰よりも早く出社し、白衣に着替えて仕事の準備を始めた。

昨日は広報の仕事のために少々早く抜けているので、朝早く出勤するのがせめてもの埋め合わせのつもりだった。

自社商品のPRのために頑張っているのに、顔出しする仕事をよく思っていない社員もいる。目立ちたがり屋と嫌味や影口を言われることもあった。

だからこそ、本業には手を抜きたくない。

「笹本さん、おはよう」

声をかけて来たのは、課長の堀内利恵。苦手な上司だ。

「おはようございます」と、返事をするやいなや、いちいち何かしらの苦言が始まるのだ。撮影の仕事に対する“提言”か、言動やファッションに対する“アドバイス”。朝の挨拶代わりの苦言に、毎日気が滅入る。

今日は何を…と思って桜が小さく覚悟を決めると、堀内は予想外のことを言い出した。

「新しく出向でいらっしゃった会計士さん、あなたのこと知ってるって言ってたわよ。総務の方でたまたまお会いして笹本さんの話題になったの」

「え?会計士さん?」

「雑誌やインターネットで笹本さんの名前を見て驚いたって。中学高校の同級生って伺ったわ」

思わず、気が遠くなる。桜は焦る気持ちを抑えながら質問を重ねた。

「…誰ですか?」

「石川さんっていう女性よ。ええと、石川夏希さんっておっしゃったかしら。背が高くて、美人で、宝塚のスターみたいな方だったわよ」

「石川夏希…さん…。覚えてます、もちろん。」

その名を聞いて、目眩がしてきた。石川夏希。美人で頭も良くて、スポーツ万能な学校1の人気者。ヒエラルキーのトップ、あの石川夏希だ。

それ以降、堀内の話は頭にまったく入って来なかった。なんとしても、一刻も早く夏希と会わなくては。その思いだけが頭の中をぐるぐると回りはじめた。

そして昼休み。

総務部から経理部、社員食堂を駆け回って、ついに中庭で石川夏希の姿を発見する。

彼女は陽のあたるベンチで、一人でサンドイッチを食べていた。

姿を見かけるやいなや、桜は走って駆け寄る。

「な、夏希ちゃん!」

思わぬ形の9年ぶりの再会。

彼女のことをなんと呼んでいたかさえ思い出せないが、思わずそう呼びかけていた。

当時と変わらないすらりとしたスタイルと、小さな顔にショートカット。キリッと整った眉が凛々しく、鼻筋の通った美人だ。

一方の夏希は、桜の姿を見て目を丸くする。そして、嬉しそうに笑い出した。

「やっぱり、桜だ。久しぶりだね。こんなところで会えるなんて。監査法人から出向できたの。桜、大活躍してるみたいじゃん。」

そう微笑む夏希の涼しげな笑顔は、9年前からまるで変わっていない。

桜はため息をつきながら、夏希の隣に並んで座った。

「夏希ちゃん、全然変わってない…」

「そう?10代の頃から変わらなすぎるのも、どうかと思うけど」

夏希は首をすくめ苦笑いをする。そして改めて桜の方を見ると、感心するように言った。

「それにしても、桜はずいぶん…」

夏希がそこまで言った時、桜は勢いよくベンチから立ち上がる。

「…何よ、いきなり」

戸惑う夏希に向かって、桜は懇願するように情けない声をあげた。

「おねがい!昔のことは誰にも言わないで!」



▶NEXT:1月13日 月曜更新予定
再会した高校の同級生の二人。女の子らしいものが好きな桜と、そうではない夏希。正反対の二人の距離感は縮まっていく…?

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
なんか、応援したくなる主人公だな
2020/01/06 05:0999+返信2件
No Name
こういう女の子、いいですよね。変に無理せず、地に足つけて人生楽しんでる感じが好感持てる。
2020/01/06 05:0687
No Name
主人公に共感します。「モテそう!」って同性から言われるの、あんまり嬉しくないですよね。異性にモテるためにかわいい服を着たり美容に気を遣ってるわけじゃないのになーと思う。純粋にかわいくいることが自分のモチベーションになるだけ。
2020/01/06 07:1570
No Name
ありまーす!の人を思い出した。
2020/01/06 05:4434返信1件
No Name
僕、ピンクが好きってダメですか?
2020/01/06 07:1230返信9件
もっと見る ( 67 件 )

【ピンクが好きってダメですか?】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo