御三家ウォーズ Vol.8

エリート校合格には、妻の「究極の献身」が必要か?限界まで追い詰められていく女たち

御三家。それは、首都圏中学受験界に燦然と輝く、究極の伝統エリート校を指す。

男子は開成・麻布・武蔵。女子は桜蔭・女子学院・雙葉。

挑戦者を待ち受けるのは「親の力が9割」とも言われるデス・ゲーム。

運命の2月1日、「真の勝者」は誰だー。

◆これまでのあらすじ

深田 彩は、夫の真一と息子の翔と、南麻布で暮らしている。

ある日、翔が男子御三家・麻布中学校に入りたいと言いだした。叔母の祐希からは御三家受験は彩には無理だと言われつつも、翔に並走すること1年弱

最強スペック母・薫子には「麻布に合格する可能性はある」と言われ、ほどなくして選抜クラスに入った翔。しかし友人の瑠奈から、「翔のカンニングを塾に通告する」とLINEがきて―。


彩は、スマホ画面を見つめながら混乱していた。

友人・瑠奈からのLINEには、「翔がカンニングをして選抜に入った」と書いてある。翔に気づかれないようにリビングをそっと出た。

寝室に移動し、スマホから塾のアカウントにアクセスする。前回試験の解答用紙はスキャンされており、いつ......


【御三家ウォーズ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo