御三家ウォーズ Vol.2

「あなたみたいな母親に、受験は無理」と言われた女。最難関校に合格するために、必要なモノとは

御三家。

それは、首都圏中学受験界に燦然と輝く、究極の伝統エリート校を指す。

男子は開成・麻布・武蔵。女子は桜蔭・女子学院・雙葉。

5万人ともいわれる首都圏中学受験生の頂だ。

挑戦者を待ち受けるのは、「親の力が9割」とも言われるデス・ゲーム。

子どもの頭脳、父の経済力、そして母の究極の献身が求められるこの戦場に、決して安易に踏み込むなかれ。

運命の2月1日、「真の勝者」は誰だー。



元キラキラ女子で早くに結婚した深田 彩は、夫の真一の事業が思わぬ成功を収め、小学5年生の息子・翔と3人で、南麻布で暮らしている。

周囲が息子を2世としてちやほやすることに違和感を覚えつつも、3人で楽しく暮らしていた。そんなある日、翔が近所の中学校の文化祭に行ってみたいと言う。

二人は何も知らずに、男子御三家の超名門、麻布中学を訪れたがー。


―ウソ、みんな髪の毛が金髪やピンク…?!

麻布の文化祭に来た彩は、コの字型の校舎に囲まれたテニスコートのような中庭に入るなり、目を見張った。

ステージの上には、文化祭仕様なのだろうが極彩色に髪の毛を染めた男子たちが大量にうごめいている。

「ミス麻布コンテスト」とあるが、何かの間違いかもしれない。ここは男子校のはずだ。

ステージの下にもたくさんの私服男子中学・高校生がいて、中には仮装している者もいた。

そしてどこから来たのか、大勢の可愛い女子高生がステージを見ているではないか。

女子高生たちはキャーキャー叫びながら盛り上がっている。どうやらなぜかこの学校の男子は人気があるようだ。

「すっごいや麻布…これってほんとに中学生や高校生がやってるの?」

翔がステージの狂乱に目を奪われたまま、彩に尋ねた。

「う、うん、どうなんだろ?…確かに先生、さっきから一人も見ないよね?」

彩は、カオスという表現がぴったりの空間に、すっかり驚いてしまった。エネルギー渦巻くこの空間の運営スタッフは、完全に生徒のみで、先生の影も形もない。

しかしイベントはうまく仕切られているような気がする。一見奇妙な風貌の学生たちだったが、彩たちを誘導するさまは堂に入っていた。

それにしても、なんの準備も予備知識もなくふらりと誕生日パーティの帰りに来てしまったが、幸いFOXYのワンピースはネイビーの膝丈で、そう悪目立ちはしていないように思う。

なぜならば、不思議なことにネイビーやブラックのセットアップやワンピースの母親たちが何人も、小学生の男子を連れているのだ。

親子はみな、遠巻きに大騒ぎのステージを、まるで憧れのスターを見るようなまなざしで見ている。

ついに女装したミス麻布候補がステージ上に並び始めている始末だったが、親子の憧憬のまなざしは変わらない。

―なんで小学生がこんなに来てるんだろう?兄弟かな…?

彩は首を傾げながら、将棋部を目指す翔に手を引かれるままに、なぜかシュプレヒコールがこだまする校舎へと入っていった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
この家庭の最大の強みは、本人から言い出したってことだよね。親がどれだけ頑張っても途中で足並みが揃わなくなって潰れちゃう子結構多いから...
そして私は中学受験の時、母ではなく父と毎日夜中まで机を並べて一緒に勉強したのがいい思い出。
2019/10/19 06:5799+返信6件
No Name
圧倒されております・・・
2019/10/19 05:4899+返信31件
No Name
実際にこういう受験を経験してお子さんも同じように受験した方のコメント聞きたいです。
2019/10/19 05:5861返信16件
No Name
子供がこの学校に行きたい!!て目を輝かせてるんだもん。。親なら可能な限りのことしてあげたいよね。。
ぜひハッピーエンドで。。
2019/10/19 09:3659
進学校関係者
幼少期にこんな生活していいわけがない。
子ども達壊れてます。
下手すれば公立より生活指導が酷い事になっている。
四年五年からやってダメな子は、入ってもダメ。
ギリギリ通えても、後々犯罪犯している。
幼稚園から塾漬けの子にするの真剣にやめて欲しいです。
何を目指しているのだろう。
名門入っても身体壊したり犯罪者、引きこもりになれば元もこうもない。
2019/10/19 09:0557返信8件
もっと見る ( 188 件 )

【御三家ウォーズ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo