呪われた家 Vol.9

「この部屋に、もう一人いる・・・」真夜中の無邪気な子供の言葉に、恐怖に陥った新妻

結婚と同時に女に待ち受けるのは、“義実家”という呪縛。

奇妙な風習、監視の目、しきたり、そして義家族たちの薄笑い…。

夜な夜な響くその声は、幸せでいっぱいだったはずの新妻の心を蝕んでゆく。

◆これまでのあらすじ

看護師の岡林沙織(26)は、恋人の清川宗次郎(28)からプロポーズを受け、1年の交際を経ていよいよ結婚することが決まった。

幸せなはずの新婚生活を脅かす清川家のしきたりと、義姉の朝美による嫌がらせは沙織の心を追い詰めていく。

そんな中、久しぶりに宗次郎と2人きりの時間がとれ、安堵した沙織だったが、いきなり甥の京一郎が部屋に入ってきて、またもや戸惑いを隠せない沙織であった。


この館には、古くから家政婦がいた。

彼女の名前は、タキさん。

その女性は60年以上の付き合いで、成一郎が生まれる前からこの家と関わりが深い。

タキは高齢のため、ここ数年はときおり掃除にくる程度だ。ただ、千鶴子の体のこともあり、最近はいることが多い。

今日の朝食......


【呪われた家】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo