夫の反乱 Vol.7

前は、なんでもしてくれる夫だったのに。夫に突然見放され、妻が向かった場所とは

—女は、愛されて結婚するほうが幸せ。

その言葉を信じて、愛することよりも愛されることに価値を見出し、結婚を決める女性は数多くいるだろう。

めぐみも、夫からの熱烈なアプローチを受けて結婚を決めた女のひとりだ。

だけど、男女の愛に「絶対」なんて存在しないのだ。

好き放題やってきた美人妻・めぐみ(30)は、夫の様子がおかしいことに気づく。夫を大切にすることを完全に忘れてしまった妻の行く末は…?

◆これまでのあらすじ

夫・弘樹が不在の間、自由を謳歌し過ぎためぐみは、義母からの連絡を無視してしまう。義母の逆鱗に触れてしまったが…?


−なんで電話に出ないのよ…!

めぐみは、プルルルルと呼び出し音が鳴り続けるだけで一向につながらない電話に苛立っていた。

2分以上呼び出しても応答しない。仕方なく中止ボタンを押すと、すぐにLINEにメッセージが届いた。

“ごめん、打合中。夜にでもかけ直す”

−よ、夜…?昼休憩くらいあるでしょ!?

昨日電話に出なかった自分のことは棚に上げて、めぐみは“大至急!”と返信を打つ。

義母を怒らせてしまったため、すぐに対応策を相談したかったのだ。

義父の入院を知らせる連絡を無視し続け、夫の出張を把握していない嫁。義母の自分に対する評価は最低だ。

事実、吐き捨てるように「とんでもないわね」と言われてしまった。

一刻も早く汚名返上しなければならない。

どうして良いか分からずめぐみが苛立っていると、緊急事態を察したのか、弘樹から電話がかかってきた。

「ねえ、お義母さんから連絡があったんだけど、私…」

応答しためぐみは、弘樹の言葉も聞かずに、義母を怒らせてしまったことなどを次から次へと、興奮気味に話し始める。

しかし、15秒も経たないうちに、弘樹は「俺忙しい。自分でどうにかしてくれ」と告げて、一方的に電話を切ったのだった。

【夫の反乱】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo