夫の反乱 Vol.4

「結婚当初は、可愛い妻だと思っていたけど…」。夫が結婚3年目の反乱を起こした理由

—女は、愛されて結婚するほうが幸せ。

その言葉を信じて、愛することよりも愛されることに価値を見出し、結婚を決める女性は数多くいるだろう。

めぐみも、夫からの熱烈なアプローチを受けて結婚を決めた女のひとりだ。

だけど、男女の愛に「絶対」なんて存在しないのだ。

好き放題やってきた美人妻・めぐみ(30)は、夫の様子がおかしいことに気づく。夫を大切にすることを完全に忘れてしまった妻の行く末は…?

◆これまでのあらすじ

先週、夫・弘樹が“実咲”という女と昼休みに会う約束をしているのを知ってしまっためぐみ。夫の浮気を確信するが…?


「ただいま」

弘樹が2泊の神戸出張から帰宅すると、部屋に妻・めぐみの姿はなかった。

時刻は20時を回ったところ。

−お腹減ったなあ。

そう思って冷蔵庫を覗いてみるが、中にはミネラルウォーターと調味料しか入っていない。見事なまでに空っぽだ。

帰宅する前、ご飯があるか妻に確認の連絡を入れたが、作って欲しいからではない。時折、残飯処理的に使われることがあるから聞いたまでだ。

−これじゃ、チャーハン一つ作れないな。仕方ない、何か頼むか…。

弘樹は、ミネラルウォーターを飲みながらUber Eatsのアプリを開く。

出張中、会食とカップラーメンばかりだったから胃が疲れている。和食を中心に探してみるが、頼みたいと思った店はどこも、配送に40分以上かかるらしい。

結局、配達時間15分、配送料はクーポンで無料というスピードと安さが決め手となり、近所のファーストフード店のハンバーガーセットをオーダーした。

注文を済ませた弘樹は、部屋着に着替えようと寝室に向かう。しかし、部屋の中を見るなり呆気にとられた。

家を出る前、めぐみが一人ファッションショーをしていたのだろう。ワンピースやスカートが、ベッドの上に散乱しているのだ。

それらをクローゼットにしまいながら、大きなため息をついた。

【夫の反乱】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo