ロマンスが恋しくて Vol.11

「一生独身かと思ってました」。33歳の後輩女子から、痛烈な一言を言われた41歳の女

いつの頃からか、「婚活してるの?」とすら聞かれなくなった。

幸せになりたいと願う気持ちは、何歳になっても変わらないのにー。

35歳を過ぎてから「独身」がコンプレックスとなっていく女。婚活歴15年の山崎真理子も、まさにそういう女だった。

顔は悪くない、性格は難なし、仕事は順調。結婚願望は今もある。

―40歳になったって、恋愛も結婚も仕事も、諦めたくない。

これは、年齢を重ねるにつれて“幸せになること”を諦めかけていた女が奮起し、幸せ探しを再スタートする物語である。

大手飲料メーカーでPRの仕事をする真理子は、後輩の心ない一言で撃沈し、それをバネに幸せを必ず掴むという決意をした。気がつけば、年下の上司・黒田に少しずつ惹かれ始める

真理子は、一人旅でやってきたニューヨークで宏人と出会い、急速に距離を縮め、ついには最終日にプロポーズされた。

宏人を受け入れることに決め、日本に出張中の彼にその意思を伝えたが…。


「お先に失礼します!」

金曜19時、なんとか定時前に資料をまとめ終えて立ち上がった真理子を、ひなのが呼び止める。

「お疲れ様です。真理子さん、何かあるんですか?もしかしてデート?」

ひなのは、何も考えてなさそうで意外と勘が鋭いところがあるのだ。

まさにこれから......


【ロマンスが恋しくて】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo