ロマンスが恋しくて

いつの頃からか、「婚活してるの?」とすら聞かれなくなった。

幸せになりたいと願う気持ちは、何歳になっても変わらないのにー。

35歳を過ぎてから「独身」がコンプレックスとなっていく女。婚活歴15年の山崎真理子も、まさにそういう女だった。

顔は悪くない、性格は難なし、仕事は順調。結婚願望は今もある。

—40歳になったって、恋愛も結婚も仕事も、諦めたくない。

これは、年齢を重ねるにつれて“幸せになること”を諦めかけていた女が奮起し、幸せ探しを再スタートする物語である。

「ロマンスが恋しくて」に関する記事

    2019.09.10 Vol.13
    「独身というだけで、肩身が狭かった…」。結婚の予定が白紙になり、年下の男を自分から誘った女
      2019.09.09 Vol.12
      年齢がコンプレックスとなってしまった婚活歴15年の女は、幸せを掴めるか?「ロマンスが恋しくて」全話総集編
        2019.09.03 Vol.11
        「一生独身かと思ってました」。33歳の後輩女子から、痛烈な一言を言われた41歳の女
          2019.08.27 Vol.10
          「急なお泊まりデートなんて、無理…!」恋愛“ご無沙汰”期間が長すぎた、女の葛藤
            2019.08.20 Vol.9
            「もう我慢するのは、やめたの…」。積極的に男を誘った女が、撃沈した理由とは
              2019.08.13 Vol.8
              ひと夏の恋が、本気の関係に…?旅先で知り合った男と、“最後の夜”を過ごした女
                2019.08.06 Vol.7
                「キスから始まる恋もある?」旅先で出会ったイイ男に、思わず身を委ねてしまった女
                  2019.07.30 Vol.6
                  「彼がこんな顔するなんて、知らなかった…」謎めいた男が見せた一面に、女心を鷲掴みにされた夜
                    2019.07.23 Vol.5
                    「これって、誘われてる…?」夜20時、男と二人きりのオフィスで何かを期待してしまった女
                      2019.07.16 Vol.4
                      久しぶりのデートに理性を失った女。彼女が男から言われた、最低の一言とは
                        2019.07.09 Vol.3
                        婚活中のアラフォー女が、誕生日当日に人前で涙を流してしまった理由とは
                          2019.07.02 Vol.2
                          「子ども、産みたい…?」誕生日に絶望感を抱いた独身の女が、“女の本能”で感じた欲求とは