200億の女 Vol.4

人を信じられない…。常に裏切られることを覚悟している女の、悲しい生きざまとは

騙されたのは女か、それとも男か?
「恋」に落ちたのか、それとも「罠」にはまったのか?

資産200億の“恋を知らない資産家の令嬢”と、それまでに10億を奪いながらも“一度も訴えられたことがない、詐欺師の男”。

そんな二人が出会い、動き出した運命の歯車。

200億を賭けて、男と女の欲望がむき出しになるマネーゲームはやがて、日本有数の大企業を揺るがす、大スキャンダルへと発展していく…。

男が最初の駒に選んだのは、令嬢の部下だった。その部下に紹介される形で、男と対面した令嬢は、男の行動に違和感を覚え、男を調査したが、その報告結果は…?


『調査の結果、小川親太郎という弁護士は実在します』

丸の内にある兼六堂本社ビルの26階、ミーティングルーム。

商品開発チームから新商品の提案を受ける、およそ2時間のミーティングの後。全員が出て行った会議室に残った私が、セキュリティパスワードを入れて開いたのは、小川親太郎の身辺調査を依頼した、大橋(おおはし)という探偵からの報告メールだった。

元刑事、という経歴をもつこの探偵は、几帳面でとてもしつこい。だからこそ優秀で、父も何かあれば頼んでいる、いわば「社のお抱え調査員」とも言える。

どうやら張り込みも尾行もしたようで、私が調査を依頼してから今日までの2週間の『小川親太郎』の行動が、頼んでもいないのに、24時間体制で記されている。

---

午前7時23分 恋人だと思われる富田葉子の家を出る

午前8時16分 田川法律事務所へ到着

午後1時25分 事務所代表である田川正義と東京地方裁判所へ

午後4時37分 事務所代表である田川正義と田川法律事務所へ戻る

午後9時31分 恋人だと思われる富田葉子と地下鉄虎ノ門駅の3番出口前で待ち合わせ

午後10時22分 小川親太郎の自宅である事務所近く、虎ノ門のタワーマンションに到着。マンション前で、富田葉子と何やら軽い口論が5分ほどあり。正確には口論というより、富田葉子が一方的に声を荒げていた様子だったが、小川親太郎が、およそ1分30秒ほど抱擁すると、落ち着きを取り戻した様子で、肩を抱かれたまま、共にエントランスの中へ。

---

小川親太郎の調査を頼んだはずなのに、抱擁の時間まで計ってしまう、この病的に生真面目な探偵の報告により、抱きしめられる富田の映像が生々しく頭に浮かんでしまった。図らずも部下の私生活を覗き見てしまったようで申し訳なく、バツの悪さを覚える。

そんな調子の2週間分の報告によると、小川親太郎は週に2〜3日は、虎ノ門にある田川法律事務所に出社。その他の日は、田川法律事務所が顧問を務める企業や裁判所に出向いたり、ベンチャー企業の社長と面会など、なかなかに忙しい日々を過ごしているようだった。

さらに探偵は、依頼人のフリをして、事務所も訪ねていた。

【200億の女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo