オンナの金遣い Vol.1

オンナの金遣い:お受験の泥沼にハマり、幼い娘に500万円を投資した女


女は、直感にしたがい、時として大胆にお金をつかう。

その瞬間、彼女たちが心に描くのは、とびきりの夢や幸せな未来。

この連載で紹介するのは、“ある物”にお金をつかったことで人生が変わった女たちの物語。

欲しい物にお金をつぎ込み、夢を見事に叶えた女や、それがキッカケで人生が好転した女もいれば、転落した女もいる。さて、今回登場するのはー?


Vol.1 子供の小学校受験のための塾代、約500万円


名前:川田真美さん(仮名)
職業:主婦(元CA)
年齢:35歳


今回のインタビューに応じてくれた真美さんは、元CAというだけあって、清潔感が漂う色白美人だ。

表情は穏やかで、紺色のワンピースに身を包み、どこからみても品の良いお母様にみえる。

広告代理店勤務のご主人と娘と、家族3人で港区に住んでいる真美さん。

そんな彼女の人生を変えたのが、長女の小学校受験だという。そのためにかかった塾代は、トータル約500万円。

サラリーマン家庭にとってのこの出費は、決して安い買い物ではない。

しかももともと真美さんは、娘に小学校受験をさせるつもりはなかったというのだ。

“公立派”であれば、本来かかることのなかったであろう500万円。それが一転し、結果的に高額な塾代を支払っていた理由とは?

「はじめはそんなつもりじゃなかったのに。気がつけば私は、“お受験”という名の底なし沼にハマっていたんです」

【オンナの金遣い】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo