12星座の女たち Vol.12

「自分から、連絡できない」空気を読み過ぎる魚座女が“結婚願望のない男”を変えたキッカケ

―今から、会えない?

そんな恵梨香らしからぬメッセージを送ったのは、15分ほど前のこと。

壮太は、新富町にオフィスを構えていたはずだ。それは今ちょうど綾子と食事をしているこの場所から、そう遠くはない。自宅もその付近。

もしもタイミングさえ合えば、今こそが関係修復のチャンスなのだ。

しかし、友人におだてられたとは言え、こんな積極的な誘い文句を送ることになるとは思ってもいなかった。

恋愛はいつも受け身だった恵梨香にとって、これは大きなチャレンジだったのだ。

トリュフヌードルの最後のひと口を味わおうとしたのだが、緊張で味が分からなくなっている。

どぎまぎしながら、最後のデザートをオーダーした瞬間、待ちに待った彼からの返信が届いたのだった。


―ごめん、まだ仕事が終わらない。

結局、さきほど届いた壮太からのメッセージは、恵梨香のチャレンジを見事に打ち砕く内容だった。

やっぱりね、という惨めな気持ちと、もう2度と自分から積極的に誘うものかという意地が沸き上がり、思わず泣きそうになる。

「本気で恋したときは、イイ女になろうとしないでね」

別れ際、綾子はそう言って恵梨香を見送ってくれた。

その言葉が、妙に心に引っかかっている。

確かに彼女の言う通り、と思うところがあったのだ。イイ女でいれば、きっとそのうち自分の大切さに気付いてくれるだろう。そんな期待を胸に、今まで恋をしてきた。

しかし、それが今まで上手くいった試しはひとつもない。

もしも上手く行っていたのだとしたら、今頃もっと幸せな毎日を送っていたはずだ。

しかし、既読だけつけて返信もせずに放置していたところ、続けて壮太からメッセージが届いたのだ。

―来週には落ち着くから、どうしても伝えたいことがあるんだ。会って直接話したい。14日はあいてる?

いつもは短文で細切れのメッセージしか送ってこない壮太が、焦ったように長文の、それも日付指定までされたメッセージを送ってくれたのだ。

読み返す度に、先ほどの憂鬱が吹き飛んでゆくのがわかる。

そして7月14日、恵梨香は壮太にある場所へと呼び出されたのだ。

そこは、2人が初めて心を許し、語り合ったあの砂浜だった。

「待たせて、本当にごめん。あの日、恵梨香の言葉に気付かされたんだ。俺は恵梨香と、適当に付き合ってるわけじゃない」

そう切り出した壮太は、グイっと恵梨香を抱き寄せる。そして思いもよらなかった言葉を口にしたのだ。

「恵梨香、結婚しよう。君がいない人生なんか、考えられないよ。」


▶Next:7月8日 月曜更新予定
J・ミナトによる、2019年の12星座下半期の運勢まとめを公開!


<魚座について>

英語名:Pisces
エレメント:水
誕生日:2/19~3/20

・優しくて情にもろい
・空気を読む
・適応能力が高い
・恋をすると相手に染まる



【東カレSUMMERプレゼントキャンペーン】

アンケートに答えて素敵な賞品をGETしよう!
アンケートはコチラから!

【12星座の女たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo