12星座の女たち Vol.6

「俺たち、そういう関係じゃないだろ…?」感情を抑えがちな乙女座の、酷い男との過去

人生には思いがけない出来事が、いくつも用意されている。

良いことばかりが人生ではない。

受け止めきれずに取りこぼしてしまうこともあるだろう。時には呼吸ができないほど苦しい時もある。

そんな困難に直面し、心が折れてしまいそうになった時、ほんの少しだけ背中を押してくれる存在に出会えたなら、人生は好転していくのかもしれない—。

これは生まれ月の違う12星座の女たちが、ある存在をキッカケに自分を取り戻していくストーリーである。

前回は、離婚を決意した“獅子座の女”を紹介した。今回は―。


名前:丹羽綾子(31歳)
誕生日:9月5日
職業:衣料品メーカー マーケティング部
住居:中目黒

Case.6 感情を抑えがちな乙女座の女


「じゃあ、また連絡するよ。」

いつも通り、彼はそう言ってほほ笑む。デートの終わりに、必ず。

最近のデート相手である庄司清太は、食事した後に必ず綾子をマンションの前まで送り届けてくれるのだが、綾子の家に上がろうとしたことも、その逆もない。

―また、今日も食事だけ…。

知り合って半年、二人きりでデートをするようになって2か月も経つというのに、彼との関係は一向に進展する気配を見せない。

食事も、映画も、美術館にも行った。しかし体の関係どころか、手をつなぐことさえない。平日の夜か、休日の夕方から2人で出かける、ただそれだけなのだ。

今までデートしてきた男たちとは全く異なる庄司の不可解な行動に、綾子は頭をひねらせていた。

外資系メーカーに勤める傍ら、自らも起業しコンサル会社を経営する彼が多忙なことは十分承知している。

LINEはなかなか既読にならないし、必要最低限のメッセージしか寄こさない。けれど、たまに会って話をすれば、きちんと綾子の目を見て熱心に話を聞いてくれる。

年上の男性らしいスマートさを兼ね備えた彼に、綾子はあっという間に心を奪われてしまったというのに。

歳を重ねるごとに、恋愛というものがどんどん難しくなっていくことを実感する。

エレベーターのドアが閉まると同時に、綾子は深いため息をついた。

―結局、また都合のいい女扱いされてるってことかな…。

【12星座の女たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo