女たちの選択 Vol.3

「我が子と2人になるのが、怖い…」産後の美人妻を襲った、壮絶な育児ノイローゼ

—“女”の幸せとは、結婚し、子どもを産み育てることである。

そんな固定観念は、とうの昔に薄れ始めた。

女たちは社会進出によって力をつけ、経済的にも精神的にも、男に頼らなくてもいい人生を送れるようになったのだ。

しかし人生の選択肢が増えるのは、果たして幸せなことだろうか。

選択の結果には常に自己責任が伴い、実際は、その重みで歪む女は少なくない。

この連載では様々な女たちの、その選択の“結果”をご紹介する。結婚願望が強い美香(34歳)人妻の真弓(32歳)に続き、今回は出産して間もない女・由里子(33歳)のお話。


「......オギャー!という産声が部屋に響いたときは、反射的に大量の涙が吹き出したこと、よく覚えています」

由里子は重々しく口を開き、薄く笑った。

「産まれた瞬間の感動は、間違いなく“本物”でした。やっと会えた、この子を大切にしよう、私も母親になれたんだって、涙でぼやけ......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
今回はなんだか東カレらしくなく、すごく真面目な考えさせられる内容でした。
お母さんたち、頑張り過ぎないでね。
2019/06/29 05:1899+返信25件
No Name
スパルタ産院って最悪ですよね。
私一人目普通の総合病院でしたけど、母子別室、夜間授乳拒否可能、お金払えば入院延長可能で至れり尽くせりだった。
でも陣痛がトラウマになったから二人目無痛ある病院で産もうと思ってて、そこは母子同室、なかなか夜も預かってくれないらしく、おっぱい道場とか呼ばれてるようで産前からビクビク。私は二人目だから良いけど一人目しかも帝王切開からスタートの育児でスパルタは精神病めって言
ってるようなもんだわ。。そういう風潮真面目にどうにかなんないかなと思ってる。
2019/06/29 05:2799+返信35件
No Name
激しく共感
日本は古い母親像の概念にとらわれすぎだとおもう。3歳神話とかね。
ママがハッピーでないと子供もハッピーになれない。
それぞれのスタイルがあって良いと思います!
2019/06/29 05:2699+返信4件
No Name
旦那さんができすぎていて、素晴らしい。理解ある伴侶で良かったね!
2019/06/29 05:2399+返信1件
No Name
子育てに向き不向きがあるって本当ですよね。
早い段階でシッターさんやベビールームに預けた方がいい人も多いような気がします。

私はこの主人公ほどノイローゼにはならなかったのですが、子どもが2歳半の時に初めてデパートの託児所に2時間くらい預けてネイルサロンへ行き、幸せな時間を過ごしたことを思い出してしまいました。
ママがルンルンしていると、子どもも嬉しそうになりますよね。
2019/06/29 05:2165返信14件
もっと見る ( 216 件 )

【女たちの選択】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo