12星座の女たち Vol.2

12星座の女たち:忘れられない男が残した、深い傷跡。過去の恋に苦しむ28歳女の運命の行方

人生には思いがけない出来事が、いくつも用意されている。

良いことばかりが人生ではない。

受け止めきれずに取りこぼしてしまうこともあるだろう。時には呼吸ができないほど苦しい時もある。

そんな困難に直面し、心が折れてしまいそうになった時、ほんの少しだけ背中を押してくれる存在に出会えた時、人生は好転していくのかもしれない—。

これは生まれ月の違う12星座の女たちが、ある存在をキッカケに自分を取り戻していくストーリーである。

前回は、都合のいい関係に苦しむ“牡羊座の女”を紹介した。今回は―。


名前:浅井玲奈(28歳)
誕生日:5月11日
職業:外資系メーカー 経理
住居:不動前

Case.2 一途。だけど不器用な、おうし座の女


「玲奈ちゃんって、本当にかわいいね。清楚系美女って感じだ」

軽い気持ちで参加した『GENIES TOKYO』での食事会だったが、玲奈は早々に切り上げたくてたまらなかった。

男性陣たちは、ITベンチャーの経営者仲間らしい。玲奈の向かいには、ペラペラの褒め言葉ばかり口にする軽薄そうな男。そして隣には、いま勢いのあるIT会社の社長だというが、不愛想に黙々と食事を口に運ぶばかりで、こちらに気を遣う様子は一切見せない。

―やっぱり、来るんじゃなかった。

時折話しかけられても愛想笑いでごまかしながら、玲奈をこの食事会に誘った友人・藍に時折視線でSOS信号を発する。

しかし、一向に気付いてはもらえない。玲奈は何度も、この苦痛な時間が早く終わるようにと祈らずにはいられなかった。

そして、ようやく終電の時間が近づき全員が連絡先を交換したところで、食事会はお開きとなったのだ。

この時ほど、ほっとした瞬間はない。

玲奈は早々にグループLINEの通知をオフにして、その場を立ち去る。

「なんでこんな所に来ちゃったんだろう」

思わずそんなセリフが口から飛び出してしまった。

真夜中だというのに、どこもかしこも煌々と明かりがついていて少しも気が休まらない。六本木の真ん中にそびえたつミッドタウンを見上げながら、ふとある男の存在が脳裏をよぎる。

松江亮太―。

その名をもう一度胸の内で復唱する。人生で一番恋した人。

彼との恋は、ずいぶん昔に終わっているというのに、玲奈の心にはいつまでも彼の存在が居座り続けていたのだ。

【12星座の女たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo