今さら聞けないワインの基礎知識 Vol.16

外国人男性のエスコート術から学ぶ!女子を必ず喜ばせるワイン選びの技

女性が喜ぶレストランでの粋な振る舞いや、さりげない特別扱いって、外国人男性は自然と出来るのに、日本人男性は苦手だったりする。

エスコート術についてワインジャーナリスト・柳忠之氏に聞いてみたら、それは女性を喜ばせるワイン選びにも通じていた!

Q.外国の友人のエスコートに驚きます。単に紳士的なだけではなくて…もしかして私に気がありますか?


――柳さん、突然ですけど私、国際結婚を考えてまして……。

柳「ええ〜、クラリン(編集担当の嵩倉)、ついこないだまで「きゃあ御嶽海ステキ! 結婚したい」って言ってたのに?」

――はい、考えが変わりました。

柳「それにしても180度の転換だけど、なにがあったの?」


――昨晩、外資系の企業で働いている女友達に誘われて、本社から派遣されたフランス人の男性ふたりと食事したんです。そしたらふたりともバラの花束を手に私たちを待っているわ、レストランのドアをさっと開けて招き入れてくれるわ、それはもう私たちモテモテ!とっても紳士的で、うちの編集部の男どもとは大違い。

柳「それは比べる相手を間違ってるし、モテとは違う気が(苦笑)。」

――中座して戻ると、私の隣に座っていたジェローム、お店の人が気づく前にさっと立ち上がって、私の椅子を引いてくれたり。

柳「やるな、ジェローム。」

歴史的に男尊女卑の日本は、フェミニストが欠如


――どうしてこんなにも違うんでしょう?そういえば以前、レストランでのワイン選びは男の本懐という話をされてましたね。

柳「欧米では肉の切り分けとワイン選びは男の仕事とされている。これは差別ではなくて、むしろ男の義務という考えからだな。そんな時も自分の飲みたいワインを一方的に選ぶのではなく、相手の好みや料理とのマッチングを考慮するのは当然さ。」

【今さら聞けないワインの基礎知識】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo