有馬紅子 Vol.8

漏れ出てしまった本音。出世のために負の感情を押し殺してきた女の、迂闊な失態

深窓の令嬢が、超リッチな男と結婚。

それは社会の上澄みと呼ばれる彼らの、ありふれた結婚物語。

有馬紅子(ありま・べにこ)もそんな物語の一人として17年間幸せに暮らしてきた。

しかし突然、夫・貴秋が若い女と駆け落ち同然で家を出てしまい、紅子のプライドは消えかける。

就職先を探して新たな一歩を踏み出すが、そこには様々な女たちの罠と思惑が張り巡らされ…。

ある日の仕事中、「あなたが役に立つ」と言われて連れ出された紅子だが、クレーム処理中とんでもない発言を…。

「社会経験、ほぼゼロ」。有閑マダムのレールから強制的に外された女・有馬紅子のどん底からの這い上がり人生に迫る。

小河利佳子の苦悩:「イライラする…負の感情が引きずり出されそうになる」


「謝っていただけますか?…私はあなたを許しません」

唐突で、予想もできなかった有馬さんの言葉。

圧倒的優位な立場から気持ち良くいじめていた千穂さまは、まさか反論されるとは思わなかったのだろう。

彼女はまだ状況を飲み込めていない様で、有馬さんと私の間で数回視線を泳がせ......


【有馬紅子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo