有馬紅子 Vol.4

「年のわりに綺麗じゃん」。働き始めた生粋のお嬢様を襲う、美しい同僚たちからの辛辣な言葉

深窓の令嬢が、超リッチな男と結婚。

それは社会の上澄みと呼ばれる彼らの、ありふれた結婚物語。

有馬紅子(ありま・べにこ)もそんな物語の一人として17年間幸せに暮らしてきた。

しかし突然、夫・貴秋が若い女と駆け落ち同然で家を出てしまい、紅子のプライドは消えかける。だが生粋のお嬢様は、そんなことで負けたりしない。

17歳の一人息子・秋雅に反対されながらも離婚を決意し、就職先を探して新たな一歩を踏み出す。そして就職先で昔馴染みで自分を慕ってくれていた、涼子と再会する。

「社会経験、ほぼゼロ」。有閑マダムのレールから強制的に外された女・有馬紅子のどん底からの這い上がり人生に迫る。


「Oh gosh…やっぱり俺の寄宿舎の部屋より狭いじゃん」

西条さんに手伝ってもらい、月城家から運び込んだ荷物を整理し始めたところで、秋雅が冷やかしにやって来た。

「1LDK…っていうか、1DKか。紅子さん、本当に大丈夫なの?キッチンの香りがそのままベッドに来るんだよ?」......


【有馬紅子】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo