オトナの恋愛塾~解説編~ Vol.20

男だけじゃない。 女が体の関係を持った途端に冷めた、残酷だけどリアルな事情

恋とは、どうしてこうも難しいのだろうか。

せっかく素敵な出会いをしても、相手に「また会いたい」と思わせない限り、デートにも交際にも発展しない。

仮に、順調に駒を進められても、ある日突然別れを突き付けられることもある。

しかし一見複雑に絡み合った恋愛でも、そこには法則があり、理由がある。

どうしたら、恋のチャンスを次のステップへ持っていけるのか、一緒に学んでいこう。

今回は、熱く燃え上がったのに、急に音沙汰がなくなった女の心理という宿題を出していた。

あなたはこの宿題が解けただろうか?


仁との出会いは、男友達の祐太郎から呼び出されて合流したバーだった。

「こちら、僕の友人の仁です。英理奈ちゃん、仁の隣の席でもいい?」

そう紹介された仁は、背が高くてちょっと肩幅が広く、顔立ちも綺麗だ。控え目に言っても、ものすごくタイプだった。

「こんな時間からすみません。何時から飲んでいるんですか?」

—軽い女だと思われたら嫌だな。

そう思い、一応“こんな遅い時間からすみません”とアピールしてみるが、そんなことは無駄な気遣いだったようだ。仁と私は意気投合し、すっかり盛り上がった。

「英理奈ちゃん、また飲もうよ。番号教えて」
「もちろんです♡また飲みましょう!」

この日をきっかけに私たちは仲良くなり、何度か会った後は体を重ねる仲にまでなった。

でもその際に、私は一気に冷めてしまったのだ。

【オトナの恋愛塾~解説編~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo