オトナの恋愛論~解説編~ Vol.100

「この人の、女になりたい」。デート中に女がイチコロになった、男の行動とは

恋とは、どうしてこうも難しいのだろうか。

せっかく素敵な出会いをしても、相手に「また会いたい」と思わせない限り、デートにも交際にも発展しない。

仮に、順調に駒を進められても、ある日突然別れを突き付けられることもある。

しかし一見複雑に絡み合った恋愛でも、そこには法則があり、理由がある。

どうしたら、恋のチャンスを次のステップへ持っていけるのか、一緒に学んでいこう。

シリーズ最終回である今回は、既読スルーだったのに、2年後に交際OKを貰えたワケとは?という宿題を出していた。

あなたはこの宿題が、解けただろうか?


俊明に出会ったのは、約2年前の事だった。

女友達と『R2 SUPPERCLUB』で飲んでいる時に声をかけてきたのが彼だったのだが、当時はチャラくて、彼から連絡がきても全く食指が動かず、既読スルーした記憶がある。

しかしそんな俊明と、3か月前に開催された食事会で再会したのだ......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
最終話は、成功例のハッピーエンドで良かったですね。
現実もこう上手くいけば苦労しないんだけどね…笑
2020/03/29 05:2299+返信13件
No Name
昔 遊んでいた人が落ち着いた頃って良いと思う。この主人公がそうかは別として、スマートでこなれた感じを出しつつ誠実な人がいたら、最高! 
2020/03/29 05:3699+返信12件
No Name
諸々タイミング、ですね^_^
2020/03/29 05:1599+
No Name
タイトルが昭和!
「この人の女になりたい」って(笑)
2020/03/29 06:4052返信11件
No Name
最近の東カレの小説、面白くないです。
オムニバスばっかり。
ヒモもつまらないし、ピンク好きな女の子もつまらなかったし、化粧品開発もつまらない。
2020/03/29 05:3026返信40件
もっと見る ( 137 件 )

【オトナの恋愛論~解説編~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo