オトナの恋愛論~解説編~ Vol.19

デートの基礎“店選び”で、女に聞くべき質問とは?モテる男とモテない男の決定的な差

恋とは、どうしてこうも難しいのだろうか。

せっかく素敵な出会いをしても、相手に「また会いたい」と思わせない限り、デートにも交際にも発展しない。

仮に、順調に駒を進められても、ある日突然別れを突き付けられることもある。

しかし一見複雑に絡み合った恋愛でも、そこには法則があり、理由がある。

どうしたら、恋のチャンスを次のステップへ持っていけるのか、一緒に学んでいこう。

今回は、2回のデートに誘うことは成功したのに、そこでフラれた男の欠点という宿題を出していた。

あなたはこの宿題が解けただろうか?


竜也との出会いは、偶然だった。

あの日私は、急遽友人から“飲んでいるからおいでよ”と誘われ、二軒目から合流した。そしてそこにいた男性のうちの一人が、竜也だったのだ。

別に出会いを求めてそこに参加した訳ではなかったけれども、彼を一目見たときには既に、何となく“いいな”と惹か......


この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
やっぱりねー。相手のことを思いやらず自分のことばかり。好き嫌いも多いし結婚したら大変そう。
ここでよく、もっと相手を見た方が良いとか、もったいないとか、意見が出るけれど、2回会って判断した沙織は正しいと思うな。
2018/09/02 05:1599+返信9件
No Name
そりゃそうだよね。2回も会ってるのに配慮がなさすぎる。なんで私だけこんなに気を使わないといけないの?ってなる。自分が嫌いな食べ物でもさらっと注文していいよって言ってくれる男性がいいな。
2018/09/02 05:2499+返信4件
No Name
みんな当たり、てことはかなりな重要ポイントなんだね。嫌いなものほとんどない私だったら引っかからなかった点だな。あ、でもあれキライこれキライ言う人は一緒に食べてて楽しくないから、そこはそれでマイナスするかな?
2018/09/02 05:4799+返信9件
No Name
私は会社の帰りに新宿の焼き鳥屋でバイトしてるんですが、焼き鳥屋にご来店されるカップルって本当に仲良しで楽しそうで、すごく学びになるんですね。
だから、デートだというのに竜也の注文の仕方はありえない!って思いました。
常連さんではないカップルだと、大概は注文時に男性が気を遣って「苦手なものはない?」って女の子に聞いてあげてるし、「椎茸食べたいな。」「うん。好きなの頼みなよ。」って、自分は食べなくても
女の子に好きに注文させてあげてる感じです。
何千組ものカップルを接客していますが、「椎茸は食べられないから、それ以外でお願いしたい。」なんてエラッソーな言い方する男性、見たことないです。
自分が食べなきゃいいだけなのに…。(串なんて1本、100円台か200円台なのに…)
こういう他人に配慮のない男性は、何事においても人の気持ちを考えないから、早々に見切りつけて正解だったと思います。
2018/09/02 08:2699+返信3件
No Name
今回は難易度かなり低めでしたね。
ただこの男性が残念なことは言うまでもないけど、毎度ながら女の子ももっと言えばいいのにと思ってしまう。
私は好き嫌い多いから聞かれなくても〇〇と△△以外って自分から絶対言って今後は聞くようにさりげなく促す。
まっ東カレは基本ポテンシャル採用なしだから、出会った段階で男も女も完成してなきゃお話になりませんよね。
2018/09/02 05:4481返信28件
もっと見る ( 188 件 )

【オトナの恋愛論~解説編~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo