ポンコツ嫁の改造計画 Vol.1

ポンコツ嫁の改造計画:「あなたの子どもは欲しくない」夫婦生活を拒む妻の、容赦ない攻撃

―オレも、そろそろ子どもが欲しいぜ...。

松田優一(通称:松田大先生)36歳は、最近こんな野望を密かに抱いている。

ポンコツ嫁・春子の尻に敷かれ、さらに結婚や子作りに否定的だった偏屈男・吾郎にまで先を越され、焦りまくりなのだ。

明るい家族計画を実現すべく、ポンコツ嫁の改造計画を目論むが...!?

東カレ史上、最も“夫にしたい男”と讃えられた松田大先生。その奮闘ぶりを、じっくり観察してみよう。


―くそぅ...。吾郎のヤツ、羨ましいぜ...。

“男は30代半ばを過ぎると急に子どもが欲しくなる”というのは、どうやら本当であるらしいと松田は思う。

嫁の春子とは、結婚して丸3年が過ぎた。子どもはそのうち...などと思っていたが、最近妙な焦りを感じるのだ。

だが、この焦りの何よりの原因は、あの吾郎に先を越されたことに他ならない。

奴は昔からやたらと「常識、世間、普通」というモノに斜め目線で食ってかかる偏屈野郎であったから、まさか自分より早く嫁を妊娠させるなど思ってもいなかったのだ。

しかもその嫁は、商社勤めの超・可愛子ちゃんだともっぱらの噂である。

—ったく、やっぱりイケメンは得だぜ...。

松田はオフィスの自席から、まじまじと恨めしい視線を吾郎へ送り続ける。するとその気配に気づいたのか、吾郎が不機嫌そうな顔でキッと振り返った。

慌てて笑顔を作ったが、吾郎は苛立った様子で近づいてくる。

「何だよ、さっきからジロジロ見やがって。気持ち悪いんだよ」

イケメンの眼光というのは、なぜこれほどの力を持つのだろうか。松田は蛇に睨まれたカエルの如く、ヘラヘラと取り繕う。

「い、いや...。ランチでも一緒にどうかと思ってただけだよ...」

しかし、吾郎の手にある書物が目に入ると、またしても松田は心の奥がザワついた。

—コイツ、もう育児書なんか読んでやがるのか...!?

【ポンコツ嫁の改造計画】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo