東京パワースポット物語 Vol.9

「この年老いた女が、私なの…?」8年間も既婚者との恋に嵌った女を一瞬で我に返らせた、恐ろしいもの

富と名誉を手にし、ほしいままに動かす「成功者」たち。
きっと皆、その座を掴むために血のにじむような努力をしているのだろう。

でも、頑張るだけじゃ成功できない。

―運も実力のうち。

成功者たちのほとんどが、努力と同じぐらい「運」を重視して、自分だけの特別なパワースポットやラッキーアイテムを持っているという。

前回は、婚活に苦戦した女性を幸せな結婚へと導いたパワースポットを紹介した。さて、最終回となる今回は?


8年にわたる不倫関係を清算した佑子(39歳)の場合


待ち合わせた『ジャン=ポール・エヴァン 表参道ヒルズ店』に、約束した時間のちょうど5分前に現れた佑子。

ADOREの黒のコクーンワンピースに、LOEWEのかごバッグを手にした姿は、ミニマルで洗練されている。

黒く艶やかな長い髪、そして透き通るように白い肌は、まるで雛人形のよう。清潔感にあふれ、仕草の一つ一つに品格を感じさせる。

この楚々とした女性がなんと、つい最近まである男性と不倫関係にあったというから驚きだ。



大好きだった彼は、既婚者でした。

不倫なんて愚かな人がすることだって、ずっと思っていました。人のものを取るなんて浅ましい、自分勝手な人間がすることだって。

だから、普通の人以上に真面目で、恋愛に関しては潔癖ぐらいだと思っていたこの私が、まさか不倫に走るなんて想像もしていなかったんです。

きっかけは些細なことでしたが、気が付けば結局8年間も後ろめたい気持ちを抱えたまま、先の見えない関係に身をやつしてしまいました。

もしあの日、あの場所に行っていなければ…。私はまだ、彼に囚われたまま、未来に向かって歩き出せていなかったはずです。

【東京パワースポット物語】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo