年の差婚コンフィデンシャル Vol.5

年の差婚は“策略”だったのか?「お食事会荒らし」と呼ばれた美女が、22歳年上の経営者を選んだ理由

−年の差婚−

40代のリッチな夫に、20代の美しい妻。

多くの人は思うだろう。打算で結ばれた男女。
そこに「愛」などあるはずはない、と−

山中塔子、30歳。6月に急死した彼女の夫、資産家の山中修也とは、22歳の年の差婚だった。

−夫を、愛してはいませんでした。

塔子の告白をきっかけに、保険調査員の小林真奈(30)は、夫婦の関係者に話を聞いていく。

塔子が「唯一愛した人」だという古賀佳文(36)や、山中の秘書、松浦芽衣子(39)。キャラの濃すぎる証言者たちが語る、信じられない「年の差婚夫婦」の裏側。

山中の秘書の話によれば、塔子はかつて港区界隈では有名な食事会荒らしだったという。

年の差婚は、塔子の策略だったのか−


港区“お食事会荒らし”の正体


小林真奈(30)は生まれて初めて3日連続で欠勤した。

ベッドから起き上がろうにも、体が鉛のように重い。原因は分かっている。

−人を愛しすぎるとどんな罰を受けるのかしら

山中の秘書、松浦芽衣子の言葉が、遅効性の毒のようじわじわと真奈の全身をむしばんでいた。

実際、秘書が山中の死に関与していた可能性は低い。人間ドックの数値を見る限り、ここ数年で血圧やコレステロール値が悪化している傾向はなく(むしろ微差ではあるが良くなっている)、愛人関係にあったという証拠もない。

ただ、嘘ではないだろうと思った。

伏し目がちに語り始めた秘書の瞳が、だんだん湿り気を帯びて輝き始めるのを真奈は見逃さなかった。

そして「愛してる」と口にした瞬間の表情。

18年という長い年月誰にも明かさず、じっと心に溜めていた澱を一気に放出した、忘我の顔。人は演技であんな顔はできまい。

それにしても、塔子といい、塔子の元彼の古賀といい、秘書の松浦といい、この件の関係者はなぜ揃いも揃って様子がおかしい人たちばかりなのだろう。

だから今回の聴取相手の「ふつうっぽさ」にはなんともホッとさせられる。

堀あずみ、29歳。3年前まで六本木のIT企業に勤めていたが、現在の職業はヨガインストラクターだ。

有村架純によく似た愛らしい顔にはほとんど化粧っ気がなく、シンプルなコットンワンピースからのぞく華奢な手足はまるで少女のように見える。

5年前に塔子とともに港区のお食事会を荒らしまくっていたという“小悪魔A”が、彼女だ。

【年の差婚コンフィデンシャル】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo