オトナの恋愛塾~解説編~ Vol.7

初対面で冷たかった彼女の態度が、なぜか急変!女心がグラグラ揺さぶられる、意外なツボとは?

恋がうまくいくかどうかは、出会った瞬間に大きく決まっているといっても過言ではない。

せっかく素敵な出会いをしても、相手に「また会いたい」と思わせない限り、デートにも交際にも発展しないのだから。

どうしたら、最初のチャンスを次のステップへ持っていけるのか、一緒に学んでいこう。

今回は、最初は相手にされていなかったのに、デートの誘いに成功した男の発言を見抜けという宿題を出していた。

あなたはこの宿題が解けただろうか?


昌幸さんに出会ったのは、西麻布の交差点にほど近い『アンティキ・サポーリ』で開催された食事会だった。

食事会と言っても、よくある男女の出会いを求めるものではなく、“美味しいものをみんなで楽しく食べよう”という会だ。

今回は、日本ではまだ馴染みの薄い南イタリアのプーリア料理を食す、というのがテーマで、野菜やチーズがふんだんに使われると噂の料理に、私はワクワクしていた。

しかし、そんな料理とはお構いなしに、最初っから引っ切り無しに話しかけてくる人がいた。

それが、昌幸さんだったのだ。

「実可子ちゃんは、誰の知り合いなの?」

「私は幹事の梨沙子の知り合いです。って、昌幸さん、距離近すぎませんか?」

—なんか、この人苦手かも。

食事会が始まった当初、私はそう思っていた。グイグイくるし、そもそも今日はそういう会ではないのに...

しかしこの食事会が終わる頃には、すっかり昌幸さんの世界に引き込まれていたのだ。

【オトナの恋愛塾~解説編~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo