裏切られた妻たち Vol.8

「夫はこんな人と浮気を…?」探偵から届いた浮気相手の写真から、男の“本気”を感じとった妻

一見、何の問題もなく幸せそうに見える仲良し夫婦。

けれども彼らの中には、さまざまな問題を抱えていることが多いのだ。

仲良し夫婦だと思っていた北岡あゆみ(32歳)は、あるメールをきっかけに、夫である樹が浮気をしていると確信する。しかし、決定的な証拠がなく、問い詰めても言い逃れをされるばかり。

あゆみはとうとう探偵事務所にお願いすることにした。尾行をお願いした金曜日の夜、樹が動いた。


「今ご主人が、あるアパートに入って行きました。引き続き、調査します」

金曜日の20時過ぎに、星川から、その連絡は入った。

最近の樹の様子から「もう、浮気は終わったのでは?」と、淡い期待を抱いていた。それなのにこの一通のSMSが、あゆみのかすかな希望を容赦なく打ち砕いた。

呆然と固まっているあゆみの元に、すぐに星川からの着信があった。

「北岡さん。今、ご主人が杉並区のアパートに入って行きました。確認ですが、こちらに住まれているお知り合いなどはいらっしゃいますか?」

あゆみは一瞬考えたのち、何とか声を振り絞った。

「いえ…。主人の知り合いで、その辺りに住んでいるという話は聞いたことがありません…」

絶対にない、とは言い切れないが、今までそんな話を聞いたことがない。すると、星川から写真が届いた。

「きちんとした報告書は後ほど作成しますが、アパートの外観です。念のため、住所も添付しておきますね。もし心当たりがありましたら、ご連絡下さい。私たちは、ご主人が出てくるまで待機します」

心臓が、これまでにないほど大きく波打つ。全身の血の気が引いて行くのに、頭は妙に熱っぽい。

すぐにでも現場に駆けつけたい衝動に駆られたが、前回の尾行の失敗もあり、今は星川に全て任せようと、何とか踏みとどまった。

あゆみは急いで家に帰り、星川からの連絡をひたすら待った。携帯は振動していないはずなのに、何度も、何度も確認してしまう。

たった数分でさえ、永遠のように長く感じられた。

そして23時前、ついに星川からの電話が来た。

【裏切られた妻たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo