恋の大三角形 Vol.14

恋の大三角形 番外編:男心は単純明快。“癖のない美人”が、モテ男との結婚を逃した理由

東京を生きる女たちは、もう気がついている。

「素敵な男の隣には、既に女がいる」という事実に。

総合商社勤務の洋平(30歳)は、爽やかなルックスと女慣れしたスマートな振る舞いでさらりと女心を掴むモテ男。

同い年で不動産会社の秘書をしている繭子と2年間交際していたが、あろうことか30歳の誕生日に「まだ結婚はできない」と告げ、ふたりは破局

気配り上手、料理上手で、“癖のない美人”と評されていた繭子が、洋平との結婚を逃したワケとは…?

繭子の後輩で、ゆるふわOLでありながら冷静かつ的確なアドバイスに定評があるシバユカが、繭子の敗因を分析する。


“癖のない美人”の罠


最初に言っておきますが、繭子さんのこと、私は好きですよ。

特別目立つ美人というわけじゃないけど、もともとの顔立ちは整っているし、色も白くて肌が綺麗。大和撫子って感じですよね。

きっとこれまでの人生、自ら主張しなくても選ばれてきたんだろうなぁ、と思います。

…でもはっきり言わせてもらうと、“何もせずに選ばれる”なんて、若いうちだけです。

女も歳を重ねれば、上手に自分をアピールする術を知っている必要がある。

特に猛者たちが集う東京の恋愛市場では、アラサー女が素材だけで勝負できるほど甘くありませんから。

まあ、繭子さんの場合、主張できない“奥ゆかしさ”が魅力だったりもするので、そういう控えめな彼女を一途に愛してくれるような人…そう、まさに日高さんみたいな男性を選ぶのが幸せだと思いますよ。…なんて、年下の分際で上からすみません(笑)

繭子さんの前の彼…洋平さんでしたっけ?

私はお話で聞いているだけですが、まさに男の本能で生きてるって感じですよね。

彼女の30歳のお誕生日に「まだ結婚は考えられない」と言い放ったとか。

繭子さんと同期の優奈さんは「ひどい」とか「最低」とか非難轟々でしたけど、私は正直…「まあ、予想通りだな」と思いました。

さらに言えば、“まだ”というのは方便かと。

彼の本心は、おそらくこうです。

「繭子とは、結婚は考えられない」

【恋の大三角形】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo