恋の大三角形 Vol.1

恋の大三角形:旅先で運命の出会い!のはずが…素敵な男の後ろには女の影がある

東京を生きる女たちは、もう気がついている。

「素敵な男の隣には、既に女がいる」という事実に。

自分が好きになるくらいの男を、他の目ざとい女たちが見過ごすはずがないのだ。

旅メディアで働く彩花(26歳)が、取材先のスリランカで出会った爽やかな商社マン・洋平(30歳)。

この出会いは、運命か。それとも...?


彩花(26歳)side−運命の出会いは、突然に


この世に「運命」が存在するなら、きっとこの出会いをいうはずだ。

−半年前−

亜熱帯らしい湿り気を帯びたぬるい風が頬を通り過ぎ、左耳のピアスだけが揺れる違和感を感じて、私は立ち止まった。

「あれ?片方ない…?」

右耳につけていたはずの、天然石のピアスがなくなっていた。

さっきまでランチを楽しんでいたテラス席だろうか。それとも、ここ『マウント ラヴィニア ホテル』に向かう道中、トゥクトゥクで風に吹き飛ばされてしまったか。

「彩花、どうかした?」

必死でこれまでの記憶を手繰り寄せていると、数歩先を歩いていた夏美さんが、鮮やかな碧色のサマードレスを揺らして振り返った。

夏美さんは、彩花より6歳年上の32歳。フォトジェニックな旅を提案するWEBメディア “Girls Trip”を運営する女社長だ。

私は今、彼女のアシスタントとしてここ、スリランカに同行している。

「ごめんなさい、ピアスが片方見当たらなくて…戻って見てきてもいいですか?」

夏美さんが頷くのを確認し、私は急いで燦々と日が降り注ぐテラスへと走った。そう高いものではないけれど買ったばかりのお気に入りだし、探さずに諦めたくはなかったのだ。


「やっぱり、ないかぁ...」

通ったと思われる道を何度か往復した後で、私は小さく独りごちた。

後ろ髪引かれる思いはあるものの、じりじりと照りつける太陽の下、当てもなく探し続けるのは限界がある。

−仕方ない…諦めよう。

そう自分に言い聞かせ、立ち去ろうとした時だった。

私に、「運命の出会い」が訪れたのは。

「もしかしてこれ、探してる?」

ふいに背後から聞こえた声に振り返ると、私のピアスを手にして微笑む“彼”が立っていた。

異国の地(しかも白亜のホテルのテラス)という高揚感、すべてを鮮やかに映す南国の光。様々なアドバンテージがあったことは認める。

しかしそれらを差し引いても、彼との出会いは、ただの偶然では片付けられない輝きを纏っていた。

…そう思っているのは、私だけかもしれないけれど。

【恋の大三角形】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo