恋の大三角形 Vol.1

恋の大三角形:旅先で運命の出会い!のはずが…素敵な男の後ろには女の影がある

女の影


「スリランカのお土産で、女性が喜びそうなものってご存知ですか?」

そろそろ店を出ようと言うタイミングで、夏美さんが思い出したように尋ねた。“Girls Trip”では旅先でのお土産も紹介しており、やはりリアルな声はとても参考になる。

「何かなぁ」と皆が悩む中、真っ先に口を開いたのは大森くんだった。

「定番だけど、“スパ・セイロン”の石鹸かなぁ。香りがとてもいいみたいだよ」

−香りがとてもいいみたいだよ。

その言い回しに、私は心にざらり、とした違和感を覚えた。

誰も気に留めてはいなかったが、その一言の裏に潜む影に、私は敏感に気がついてしまったのだ。

「やっぱり人気なんだぁ。彩花、試しにいくつか買って帰ろう」

夏美さんの言葉に笑顔を返していると、彼らが「どうせ自分たちも買い物をするから」と、親切にもお店まで車で連れて行ってくれるという。

ありがたい提案ではあったが、しかしそのおかげで、私の嫌な予感は確信へと変わってしまうこととなる。


“スパ・セイロン”の店舗はコロンボの中心地にあり、ラグジュアリーな店内いっぱいにエキゾチックな香りが充満していた。

「実はここ、銀座にもお店があるんだけど」

店の入り口で、先輩駐在員のひとりが白状するように言う。その言葉に、夏美さんがしみじみと「どこに行っても、東京にないものを探す方が大変」と呟くのを、私は上の空で聞いた。

私の目は、ずっと大森くんを追っていた。

何度も来ているのだろう。慣れた様子で店内を歩き回ると、彼はまるで買うものリストがあるかのように迷いなく、石鹸をカゴに入れている。

私は夢遊病のように彼の後を追い、同じ石鹸を手にとった。

顔を近づけるまでもなく、フランキンセンスの香りが漂う。この香りを、彼に近しい「誰か」が好んでいるのだろうか。

「その石鹸、オススメだよ。泡立ちもいいんだ」

ぼんやりと佇む私を、気がついたら大森くんが笑って見つめていた。少し垂れ気味の瞳が、優しい。

しかし彼の穏やかな笑顔も、その優しさも、私より先に目ざとく見つけた誰かが独り占めしているのだ。

私は胸が苦しくなるのを抑え、できうる限りの軽い声色で彼に尋ねた。

「大森くんは…彼女へのお土産?」

しかしその言葉は想像よりはるかに粘着質に響いてしまって、私と彼の間に一瞬の空白が横切る。

「…違うよ。会社の女の人たち用」

そう言って去りゆく後ろ姿に、私は彼の…嘘を見た。


▶NEXT:11月13日 月曜更新予定
彩花の予感は、当たっている…?

【恋の大三角形】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo