恋の大三角形 Vol.1

恋の大三角形:旅先で運命の出会い!のはずが…素敵な男の後ろには女の影がある

度重なる偶然


彼は、大森洋平と名乗った。

総合商社勤務でスリランカへは出張で来ており、夜のフライトで帰国するのだという。

「実はいま会社の先輩たちといるんだけど、良かったら一緒に一杯どう?せっかくの出会いだし」

甘い笑顔で誘われて、私はまるで少女のように頬が赤らむのを感じた。

とびきりのイケメンというわけではないが、さりげない仕草や身のこなしが洗練されていて、年上の余裕がある。(後で知ったが、彼は30歳だった)

言葉にするのは難しいのだけれど…彼のことを知れば知るほど惹かれていくに違いないという確かな予感があって、それは抗いようのない衝動だった。

しかし、夏美さんが待っている。うっかりのぼせ上がっていたが、私は遊びで来ているわけではないのだ。

「私、もう行かないと…」

仕方なくそう言いかけた時、思いがけず救いの手が差し伸べられた。いつの間にか隣にいた夏美さんが、私の声を遮ったのだ。

「あら、ぜひ!スリランカのこと、いろいろ教えてもらいましょうよ」

彼女はそう言うと私を覗き込み、何も言わず意味深に、微笑んだ。


異国の風は、心の垣根を取り払う。

ライオンビールで乾杯した私たちは一気に打ち解け、お互いの共通点を見つけては盛り上がった。

話している中で、大森くんの先輩だというふたりの商社マンは現地駐在をしており、出張で来ているのは彼だけなのだと知る。

それを聞いて、私はつくづく......


【恋の大三角形】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo