パーフェクト・カップル Vol.2

パーフェクト・カップル:週刊誌に撮られた夫の、ヘタな嘘で“夫婦の終わり”が始まる

誰もがインターネットやSNSで監視され、さらされてしまうこの時代。

特に有名人たちは、憧れの眼差しで注目される代わりに、些細な失敗でバッシングされ、その立場をほんの一瞬で失うこともある。

世間から「パーフェクトカップル」と呼ばれる隼人と怜子は、一挙一動が話題になり「理想の夫婦」ランキングの常連として、幸せに暮らしていた。だが結婚6年目、隼人が女の子と週刊誌に撮られてしまう

「世間の目」に囚われ、「理想の夫婦」を演じ続ける「偽りのパーフェクト・カップル」の行く末とは?


「怜子さん。ご主人のスタイリング、今日も素敵ですね!」

スタッフの声に、メイクに集中しているふりをしていた私も、ロケバスに備え付けられているテレビ画面を、見ざるを得なくなる。

午前7時。この時間に私のロケが始まっていると、バスのテレビのチャンネルは、私の「夫」の隼人がメインパーソナリティの番組に、自動的にあわせられてしまう。

気を使ってチャンネルを変えてくれようとしたマネージャーを目で制して、私は笑顔を作って、ありがとう、うれしい、と答える。

今朝早くに、社長からの電話で知った「夫が女の子と週刊誌に撮られた」という情報。

「理想の夫、深夜の密会」というタイトルらしいが、週刊誌の記者から「怜子さんのコメントがほしい」という名目で、事務所に連絡が来たという。

今日のロケを休みたいなら話をつける、と社長は言ってくれたけど、私は予定通り、レギュラーモデルを務めるママ雑誌の撮影に来た。

今日は表紙も撮ることになっていたし、休んでスタッフに迷惑をかけることはできない。

「こんな時まで強がる必要は無いのよ」

社長は本当に心配そうな声で、そう言ってくれた。

ありがたいと思いながらも、私は「弱っている所」を他人に見せたり頼ったりすることが苦手で、何があってもつい、大丈夫、と口癖のように言ってしまう。

それに、聞いた直後にはショックだったはずの「夫の密会」に対して、今は少し冷静になっていた。それは、ある「違和感」を感じていたから。

夫の滑舌の良い声が流れてきて、私は画面に視線を戻す。

カメラ目線、最高の笑顔で喋る夫と目が合い、無言で問いかける。

―あんなに警戒してたあなたが、女の子と撮られるなんて。何があったの?

【パーフェクト・カップル】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo