東京の中心で、地元愛をさけぶ Vol.3

女性に「ウマい」なんて言ってほしくない。結婚願望強めな、神戸・山の手育ちのお坊ちゃま

「東京は所詮、田舎者の集まりだ」

時に揶揄するように言われるこの言葉。

たしかに東京の中心部には、様々な「田舎」や「地元」を持つ者があふれている。

遠く離れた地方出身者はもちろん、東京出身者でさえ「地元」への想いを抱えている。

あなたにとっての、「地元」とは?

これまでに、横浜出身の商社マン・亮太青山出身の新次郎を見てきた。今週は?


【今週の地元愛をさけぶ男】
名前:隆之
年齢:29歳
職業:テレビ局勤務
年収:1,200万
出身地:神戸
現在の居住地:麻布十番

東京で出会った“お嬢様”はただのフェイク


「中学校から大学まで関西学院大学に通っていました。エスカレーター式に進学して、東京に出てきたのは社会人になるときです。」

現在は東京のキー局に勤務する隆之。生粋の神戸っ子で、実家は神戸の中でも高級住宅街にあたる山の上に位置する。

父親は鉄鋼系の会社を営んでおり、両親からの大学入学祝いはBMW。実家は阪急沿線にあり、典型的な神戸のお坊っちゃまである。

「東京へ来て驚いたのは、家柄やバックグラウンドのバラエティー豊かさ。そして誰もが自分を偽ろうと思えば偽ることができる怖さかな。神戸のそれなりの私学を出ている人たちのコミュニティーは狭くて、育ちを偽るとかありえないですから。」

そう語る隆之には、苦い経験がある。

上京後、初めて交際した子に、“両親は現在海外在住。親に資金を援助してもらい自分で店を経営しているお嬢様”と聞いていたが、蓋を開けてみれば全部嘘だったのだ。

「ショックでしたね・・。それ以来、素性の分からない港区女子系が本当に苦手になりました(笑)」

人の繋がりが希薄な東京。

中には、バックに港区おじさんがいるにも関わらず、“実家が裕福”と偽る怖い女性もいるようだ。

【東京の中心で、地元愛をさけぶ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo